CoinPostで今最も読まれています

海外からも注目 日本政府が仮想通貨企業の資金調達に関する規制を緩和へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Web3事業の環境整備

日本政府は、暗号資産(仮想通貨)のスタートアップ企業が資金調達を行う際の規制を緩和することがわかった。日経新聞が15日に報じた。

新ルールの対象となるのは投資事業有限責任組合(LPS)。スタートアップ企業が出資を受ける際に、これまでは認められていなかった仮想通貨を渡せるようにする方針で、政府は2024年にもLPS法の改正案を国会に提出するという。

仮想通貨による資金調達には、これまでICO(イニシャル・コイン・オファリング)やIEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)といった方法もあったが、日本では法制や税制などの要因で、盛んには行われていない。今回のルール改正が実現すれば、仮想通貨企業の資金調達の方法が多様化することになる。

関連仮想通貨の新たな資金調達法、IEOとは|ICOとの違いやメリットを解説

新ルールの対象になるLPSとは、未公開ベンチャー企業への投資を目的として組成される投資事業組合の一種。責任が出資した金額のみに制限された状態で投資することができるため、ベンチャーキャピタル(VC)らはLPSの形態でスタートアップ企業へ投資するのが一般的とされる。

VCらから資金を調達できれば事業を始めやすくはなるが、LPSで出資を受ける際に渡すのは株式などに限定され、仮想通貨を渡すことはこれまでできなかった。LPS法の新しいルールで仮想通貨も認められるようになれば、資金調達手段の幅が広がり、VCらの需要が高まるとみられ、より大きな資金調達も可能になると期待の声が上がっている。

VCらの投資する側からすれば、出資先が増えることになり、仮想通貨企業が成長していけば、国が推進するWeb3政策の恩恵を受けやすくもなるだろう。

関連なぜ日本政府は「Web3政策」を推進し始めたのか?重要ポイントと関連ニュースまとめ

Web3とは

「次世代のインターネット」とも呼ばれ、ブロックチェーンを基盤とする非中央集権型のネットワークを指す。具体的にはNFT(非代替性トークン)や仮想通貨などを含む。

▶️仮想通貨用語集

これまでの動き

日本は政府がWeb3を推進をしているが、まだ法制については複数の課題が指摘されている。法人税、取引で得た利益に対する税制などに加え、仮想通貨と引き換えにLPSから出資を受けられない現状については、仮想通貨業界だけでなく政府内部からも問題視されてきた。

関連「暗号資産法人税制のさらなる改正を」金融庁が令和6年度税制改正要望を公開

今年5月には、「web3プロジェクトチーム(PT)」の座長などを務める自民党の平将明議員が、「新しい資本主義実行本部」が策定した提言案が自民党政調審議会で承認され、自民党の成長戦略になったことを報告している。

この提言案でLPSに関するルールついては、以下のように記載した。

暗号資産・トークンを通じた資金調達の実態について調査・整理を進め、事業者の円滑な資金供給の促進に資するものについては、LPS法上で投資対象とすることを検討するべきである。

関連日本のWeb3を推進へ 自民党が「新しい資本主義実行本部」の提言を成長戦略に承認

今回の新ルールは報道ベースの情報だが、平議員は日経新聞の報道をX(旧ツイッター)でリポストした。仮想通貨業界からは歓迎する声も上がっている。

海外からも注目

今回日経の報道を受けて、海外の人気プロジェクトの創設者らもSNS上でリアクションしている。

日本進出を念頭に東京にオフィスを設けたばかりのソラナ基盤の人気ウォレットアプリ「Backpack」のファウンダーであるTristan氏はXで、「仮想通貨に対する日本の開放性が拡大し続けることにワクワクする」と呟いた。

また、新L1のShardeumとインド仮想通貨取引所大手WazirXのファウンダーNischal氏もXで「円滑かつ迅速に実施されれば、日本から新しい革新的なWeb3プロジェクトが定期的に創出されるようになるかもしれない。そうなれば、日本経済は一気に活性化し、グローバル・プレーヤーを惹きつけることさえできるだろう」と評価した。

出資に伴う認可

ルール改正の報道に歓迎の声が上がっているが、まだ詳細は政府側から発表されていない。そのため、仮想通貨のやりとりを行う際の認可がどうなるのかに疑問の声も上がっている。

この点については昨年、福岡市や仙台市といった自治体も規制の緩和を提案。出資の取引に付随して仮想通貨交換業の登録が必要とされており、投資を促進するのであれば、登録の必要をなくして負担を軽減してほしいと求めていた。

関連福岡市、仮想通貨企業の規制緩和を提案=内閣府

Web3に精通する森和孝弁護士によれば、投資される側がいつも議論の対象になるという。これから政府側から発表があれば、この点についても明確になるとみられる。

関連法律事務所パートナーが指摘する、国内仮想通貨関連法のメリットと課題点|WebXインタビュー

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/02 土曜日
06:45
「Optimism」、デルタ・アップグレードで手数料をさらに削減へ
ブロックチェーンの間接的な固定コストを最大90%超削減できると期待されるアップグレード「Delta」について、仮想通貨イーサリアムのL2「Optimism」の開発チームが解説した。
06:00
16万BTC運用のブラックロックのビットコイン現物ETF、ブラジルで取引開始
ビットコインETFへの機関投資家の資金流入を背景にビットコインは今週一時64,000ドルまで高騰し2021年のATHである69,000へと接近しつつある。
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア