CoinPostで今最も読まれています

米政府閉鎖回避も国債利回り上昇でNYダウ続落 IT・仮想通貨株は上昇|3日金融短観

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

10/3(火)朝の相場動向(前日比)

仮想通貨関連銘反落

  • コインベース|75.3ドル(+0.3%)
  • マイクロストラテジー|329ドル(+0.3%)
  • マラソン・デジタル|8.5ドル(+0.3%)

コインベースやマラソンといった仮想通貨関連株銘柄はビットコイン(BTC)が2日に28,580ドルにまで急騰したことを受け一時大幅に上昇していたが、その後28,000ドル台割れで上げ幅を消した。

関連ビットコインFOMC後の下げ幅解消、来週は2.8万ドル試す展開も視野|bitbankアナリスト寄稿

国内仮想通貨・ブロックチェーン関連銘柄

  • ギグワークス|445円(+18.3%)
  • SBIホールディングス|3,147円(-0.03%)
  • クシム|324円(+7.6%)
  • ドリコム|583円(+1.9%)

クシムに関しては先週、子会社でWeb3技術事業を展開するチューリンガムが開発するWeb3ゲーム「SNPIT」のストラテジックアドバイザーに、秋元康氏が就任したことを発表。チューリンガムは、SNPITを通じてユーザーが自然や文化遺産の価値を再認識し、それらの保護への意識を高めることを目的としている。

「SNPIT」は、スマートフォンカメラを利用して撮影した画像を通じて利益を得る、「Snap to Earn(撮影して稼ぐ)」という新しい仕組みを導入する。このサービスは、スマートフォンカメラで気軽に参加できるGame-Fi(ゲーム+金融)エコシステム形成を目的としている。

関連スマホカメラでSnap to Earn可能なBCG「SNPIT」、秋元康氏がアドバイザーに就任

伝統金融

  • NYダウ:33,433 -0.2%
  • ナスダック:13,307 +0.6%
  • 日経平均:31,759 -0.3%
  • 米ドル/円:149.8 +0.03%
  • 原油先物WTI:88.6ドル -2.3%
  • 金先物:1,844ドル -1.2%
  • 暗号資産

  • ビットコイン:27,866ドル +2.7%
  • イーサリアム:1,662ドル -0.8%
  • ソラナ:23.3ドル +1.8%
  • 本日のNYダウ・ナスダック

    本日米NYダウは続落し、ナスダックとS&P500は小幅高。10月最初の取引日は、米時間9月30日に10月1日から45日間の予算執行を可能にする「つなぎ予算案」を可決されたことで一時的な連邦政府閉鎖がぎりぎりのところで回避されたことを受けてプレマーケット(立会時間前に行われる取引)ではポジティブな反応を見せていたが、10年債が一時4.7%と07年以来の高水準に上昇した動きに影響され下げに転じた格好だ。

    関連米議会閉鎖回避でビットコインや株などリスク資産上昇 主要アルト反発も

    11月のFOMC利上げ観測

    米臨時予算が採用されたことで市場が注目をシフトしているのは今週の9月米ADP雇用統計と米9月失業率・新規雇用者数といった重要なデータだ。

    当初仮に連邦政府が閉鎖された場合、今週予定の失業率などの指標発表が遅れてしまうと想定されていた。9月20日に、パウエルFRB議長は政府機関の閉鎖について「従来はマクロ経済に大きな影響を与えることはなかった」と述べたが、政府機関の閉鎖が長引けば、物価上昇から失業率までのあらゆる経済データが予定通りに発表されなくなる恐れがあった。多くの有識者はデータが欠如した場合、FOMCが11月1日の会合で再び利上げを見送る可能性もあるとみていたようだ。

    しかし、ぎりぎりのところで政府閉鎖を免れたことで、次の会合で追加利上げを再開する可能性が高まったとの声も出ている。ブルームバーグが引用したアナリストによると「当初市場は、米政府機関閉鎖が11月のFOMC時に行われていると予想していたために利上げは11月よりも12月の観測があったものの、(閉鎖回避の)動きにより、私の推測では、市場は11月の利上げの可能性がより高くなったと評価し、それは金利曲線では近い将来が高まることを意味する」という。

    要人発言

    米FRBのバー副議長(銀行監督担当)は米時間2日、FRBが十分に景気抑制的な金利水準に「達しているか、極めて接近している可能性が高く、インフレ率を2%まで下げるために金利がしばらくの間高止まりする必要がある」と発言し、追加利上げの是非に関して慎重に進めることが可能だとコメントした。この見解はパウエル議長が先日示した内容と同じだった。

    9月末に開かれたFOMCでは、FF金利を5.25%~5.5%のレンジに据え置く一方、FOMC当局者の大多数は根強く高いインフレを2%水準まで抑えるため、2023年末までにあと1回で0.25%の利上げを引き続き予想していることを明かした。議長は当時、「われわれは時間とともにインフレ率を目標の2%へと押し下げる上で十分に景気抑制的となるような金融政策スタンスを達成し、それを維持することにコミットしている」と再び強調していた。

    関連FOMCでパウエル議長タカ派姿勢、仮想通貨株下落 ドル円年初来高値|21日金融短観

    一方、FRBのボウマン理事は同日にタカ派寄りの発言を行った。ロイターによると、入手されるデータでインフレ低下の進展の停滞、あるいは進展が遅すぎることが示されれば、1回以上の追加利上げを実施し、金利を当面は制約的な水準に維持することが適切になる考えを示したという。

    先月のFOMC参加者は19人のうち12人が年内あと1回の利上げを支持していることが明かされた。

    なお、金利先物市場では11月と12月のFOMC会合での金利据え置き続行が依然として見込まれているようだ。それぞれで72.8%と54%との観測となっている。

    米債利回り上昇

    2日の米国債相場では利回りが大幅上昇。10年物国債金利「BX:TMUBMUSD10Y」は11ベーシスポイント上昇し4.682%となり、2007年10月12日以来の高水準。30年物金利「BX:TMUBMUSD30Y」は8.5ベーシスポイント上昇し4.794%となり、2010年4月6日以来の高水準となった。高い金利水準維持との米金融当局者発言や米政府閉鎖回避で高まる11月の米利上げ観測が国債の売り材料となったようだ。

    出典:ブルームバーグ

    有識者見解

    MarketWatchによると、420億ドルの資産を運用するグレンメドのイローナ・ヴォヴク氏などは「連邦議員は、政府閉鎖を回避するために現在の支出レベルを45日間延長したが、政府の財布の紐が固くなるたびに、経済と利益にとって逆風となるはずだ」とコメントした。

    また、約25億ドルを運用するGLOBALT Investmentsのシニア・ポートフォリオ・マネージャー、キース・ブキャナン氏は、「週末のワシントンでの対決は機能不全が連邦政府にいかに染み込んでいるかを示しており、継続的なリスクである」と指摘。「我々は、金利上昇こそが現在の市場の動きの大部分を左右する大きな要因となっていると考えている」と話したという。

    米国株 IT関連で反発

    個別銘柄の前日比:エヌビディア+2.9%、AMD+0.4%、テスラ+0.55%、マイクロソフト+1.9%、アルファベット+2.5%、アマゾン+1.8%、アップル+1.4%、メタ+2.2%。

    関連仮想通貨投資家にもオススメの株式投資、日米の代表的な仮想通貨銘柄「10選」

    関連株式投資初心者でもわかるPER(株価収益率)とは|株価の割安・割高指標を解説

    今週の重要経済指標

    • 10/4(水)21:15 米9月ADP雇用統計(前月比)
    • 10/4(水)23:00 9月ISM非製造業景況指数(総合)
    • 10/6(金)21:30 米9月失業率・新規雇用者数
    CoinPost App DL
    注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
    15:15
    米金融大手ステートストリート、独自のステーブルコイン発行検討か
    米ボストン拠点の金融大手ステートストリートは、ブロックチェーン上の決済方法を模索しており、仮想通貨ステーブルコインの発行を検討していると報じられた。
    14:00
    ヴィタリック、仮想通貨支持派という理由のみで政治家を選ぶことに反対
    仮想通貨イーサリアムの共同創設者ヴィタリック・ブテリン氏は、米国選挙に向け「仮想通貨賛成派」であると主張しているか否かだけで、候補者を選ぶことに対して警告を発した。
    12:00
    SECが承認、グレースケールのイーサリアムミニ・ETF 手数料低減で資金流出を防ぐ狙い
    米SECはグレースケールによるイーサリアムミニETFの19b-4様式を承認。他社のETH現物ETFと同時ローンチする可能性が高まった。
    11:30
    グレースケール、NEARやRNDRなどに投資する分散型AI関連ファンドを販売開始
    米大手仮想通貨投資会社グレースケールは、新たに分散型AI関連のファンド(投資信託)をローンチした。投資割合はNEAR(31.87%)とFIL(30.03%)が最も高い。
    10:45
    TON、ビットコインのブリッジ機能をローンチへ
    TONのブロックチェーンへ仮想通貨ビットコインをブリッジできる新機能が今年にローンチされる予定。プロジェクトが機能の概要を説明している。
    10:00
    「シリコンバレーがトランプ氏を支持する理由はビットコイン」著名投資家キューバン氏
    著名投資家マーク・キューバン氏はシリコンバレーがトランプ氏を支持するようになったのは仮想通貨ビットコインが理由だと意見した。
    08:00
    カナダ上場企業Cypherpunk、仮想通貨ソラナ保有量を10倍以上増加
    カナダの上場企業Cypherpunk Holdings(サイファーパンク)は先月から、仮想通貨ソラナ(SOL)の保有を大幅に増加している。
    07:10
    「ETFは現物ETFローンチで5000ドル超える可能性」Bitwise予想
    仮想通貨イーサリアムの価格は米国の現物ETFローンチで最高値を更新するだろうとBitwise幹部が予想。5,000ドルを超える可能性があるとも述べ、分析を公開している。
    06:40
    ドイツ当局、約5万ビットコイン売りで計4500億円の利益
    Movie2K事件は終結していないが、ドイツ当局は声明で5万ほどの仮想通貨BTCを売却せざるを得なかった理由を説明している。
    06:20
    コインベースやBybit、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8」を新規上場
    米仮想通貨取引所コインベースは18日、ゲーム特化型レイヤー2仮想通貨「Ancient8(A8)」を新たに上場した。発表を受け、A8の価格は+38.8%と高騰している。
    05:55
    トランプ氏、財務長官に仮想通貨否定派のJPモルガンダイモンCEO検討か
    トランプ米前大統領は11月当選後の場合、ビットコイン・仮想通貨否定派と知られる米金融大手JPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOを財務長官に起用すると検討しているようだ。
    07/17 水曜日
    23:17
    Suiネットワーク最大のDeFi融資プロトコル「Scallop」、累積収益100万ドル突破
    Scallop(スカラップ)は、Sui(スイ)ネットワーク上で最大のDeFi融資プロトコルとして累積収益100万ドルを達成。10万ドル相当の報奨金キャンペーンを実施中。暗号資産(仮想通貨)スイなどを借り入れるユーザー向けのインセンティブを強化している。
    15:04
    バイナンス、2種類の通貨ペアを取扱い中止へ
    バイナンスは2024年7月19日12時に2種類の通貨ペアの取扱いを中止する。詳細な暗号資産(仮想通貨)ペア一覧と、インターネットコンピュータ(ICP)について解説。
    14:27
    RWA向け「Plume」、テストネットキャンペーンを開始
    Plumeが初のモジュール式EVMレイヤー2としてテストネットキャンペーンを開始。不動産や金融商品などの現実世界資産(RWA)をトークン化し、パートナーと共に新たな金融エコシステムを構築する。
    12:23
    ビットコインの反騰つづく、仮想通貨上場投資商品への資金流入が加速
    暗号資産(仮想通貨)市場では、イーサリアムETFの承認期待、ドイツ政府売りの枯渇、大統領選のドナルド・トランプの勝利予想の高まりなどを受け、ビットコイン(BTC)が続伸した。

    通貨データ

    グローバル情報
    一覧
    プロジェクト
    アナウンス
    上場/ペア