GMO、日本円連動型ステーブルコイン『GMO Japanese YEN』を2019年に発行予定

日本円連動型ステーブルコイン『GMO Japanese YEN』発行
GMO社は本日、「GMO Japanese YEN」発行準備への本格着手を発表。「世界標準の革新的な金融インフラとなるポテンシャル」とし、『円ペッグ通貨』の発行を皮切りに、仮想通貨のボーダレスな取引を支援する。

日本円連動型ステーブルコイン『GMO Japanese YEN』発行

GMOインターネット株式会社が本日正午ごろ、独自の日本円ペッグ通貨『GMO Japanese YEN』を来年を目処にアジア地域へ向けて発行を開始する予定を明らかにした。

「安定した仮想通貨のステーブルコインを発行するべく、本格的に準備を開始」した事を発表した。

GMO社のプレスリリースによると

価格の安定を実現するステーブルコインのポテンシャルに着目し、将来的な仮想通貨の決済活用を見据え、仮想通貨のボーダレスな取引を支援するべく、ステーブルコインの発行に向けた準備を本格的に開始する

意向が明らかになった。

途上国の多くを悩ませるインフレによる通貨の無価値化を改善する策としてステーブルコインを挙げ、特に法定通貨の日本円と連動したステーブルコインは「世界標準の革新的な金融インフラとなるポテンシャル」とした。

また今回発表されたGMO Japanese Yen(ティッカーシンボル:GJY)は日本円に担保された法定通貨担保型(円ペッグ通貨)で、カレンシーボード制を検討しているとのこと。

カレンシーボード制とは

為替政策の一つ。発行する「円ペッグ通貨」と同等の日本円を保有し、価値を担保すること。

GMO社は既に仮想通貨事業領域における「交換」「マイニング」「決済」の2つで参入を果たしており、今回のステーブルコインが実現すれば決済活用に大きく利用されると踏み込んでいる。

CoinPostの関連記事

GMOコインが「板取引」の仮想通貨売買サービスを開始|メリットとデメリット
東証一部上場企業が経営基盤の仮想通貨取引所「GMOコイン」は9月5日、投資家需要の高い「板取引」の仮想通貨売買サービスを開始した。板取引のメリットと、GMOコインの特長をまとめて掲載している。
アルトコインFX取引所比較|GMOコインがおすすめの理由
下落相場でも利益を狙える、アルトコインFXが出来る取引所の、レバレッジ・追証・ロスカット率などを比較しました。その中でも、アルトコインFXをするのであればGMOコインがおすすめである理由を紹介しています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加