CoinPostで今最も読まれています

米CFTC高官、分散型予測賭博市場の設計に注意喚起|仮想通貨Augurに関わる前例も

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

スマートコントラクトが従来法に抵触するケース
CFTC高官のQuintenz氏が、スマートコントラクトを活用した「予測(賭博)市場」を設計することに注意喚起を行なった。暗殺がギャンブルの対象となった経緯もあり、設計上での違法行為の対応を求めた。
予測市場「Augur」で起きた著名人暗殺への賭け事
予測市場プラットフォームの「Augur」では、今年7月のローンチ後すぐに著名人暗殺が予測対象として提案された。この「暗殺市場」で恐ろしいのは賭け金狙いで暗殺が実際に起こることだが、訴追対象はスマートコントラクトの設計者にも及ぶという。
CFTCとは
米商品先物取引委員会(CFTC)とは、商品取引所の上場商品や金利、デリバティブ全般など、米国内の先物取引市場の動向を常時監視し、市場参加者の保護や市場の健全性が保たれるよう、不正防止や摘発を行う権限を持つ独立機関のこと。

▶️CoinPost:仮想通貨用語集

スマートコントラクトによる予測市場の設計に米CFTCが注意喚起

米商品先物取引委員会(CFTC)の理事を務めるBrian Quintenz氏(以下Quintenz氏)は、ドバイで行われた見本市「GITEX Technology Week 2018」にて、スマートコントラクトなどの新技術に対し、既存の法令がどのように適用できるか彼の見解を話した。

スマートコントラクトは「カスタマイズが容易な上に、殆ど適用範囲に制限がない」技術だからこそ、既存の金融商品と同じ仕組みの製品も作れてしまうため、規制上でも、利用面でも注意が必要だという。

特に注意すべきなのは、「広範囲で未来のイベントを予測するスマートコントラクト」だと言及した。

「仮想通貨を活用することで、スマートコントラクトは選挙やサッカーなど未来のイベント結果に対する賭け事を可能にする。予想があたれば、コントラクトはあなたに賭け金を支払う」

未来予測を行うスマートコントラクトは、既存のデリバティブと同じように「予測市場」の枠組みに入ると指摘。

Quintenz氏によれば、たとえ大衆の意に反したとしても、これまで同様に戦争やテロ、暗殺といった予測対象へのコントラクト取引はCFTCが規制の対象とすることが可能となるようだ。

既にAugurでは「暗殺予測」が確認

スマートコントラクトを活用した、反社会的な未来予測には既に前例がある。

以前取り上げた イーサリアムのスマートコントラクトを活用したプラットフォーム「Augur(占い師)」は、その名の通り、あるイベントに対して人々が予測市場(予想賭け市場)を作る場を提供する。

胴元抜きで、誰でも自由に予測対象となるイベントを提案できることが特徴の一つだ。

その仕組みによって、サービスがローンチして2週間という速さで、今年7月には公的人物の暗殺がギャンブルの対象に挙がってしまった。

このような予測を介する商売は「暗殺市場」と呼ばれ、古くから存在する。

これまでにドナルド・トランプ大統領やAmazon CEOジェフ・ベゾス氏、ウォーレン・バフェット氏などの暗殺死が賭けの対象としてAugur上に挙がった。

MIT Technology Reviewによれば、スマートコントラクトによる大規模な「暗殺市場」が恐ろしいのは、大金を得るために暗殺を試みる人間が出かねない点だと言う。

「Augur」を運営するForecast Foundationは、そのプラットフォームを使う人々の行動について責は問われないと考えている様だが、仮想通貨がCFTCの管轄下に収まった今、動きがある可能性は十分にあるだろう。

CFTCはスマートコントラクト予測市場へどこまで手を出せるのか

CFTCは、これまでと同様の基準で、ある取引が従来の金融デリバティブ商品に該当するかといった判断を下せるとQuintenz氏は述べた。

「そのコントラクトがCFTCの管轄する金融商品であれば、ISDAを交わしているか否か、ソフトウェアのコードであるか否かに関わらず、CFTC規制の対象となる」

先月9月末、米連邦裁判所も仮想通貨をデリバティブ商品の定義に当て嵌まるとして、CFTCの管轄権を認めている。

Quintenz氏は、「暗殺市場」のように違反的な予測対象が挙がってしまうと、機能を提供したスマートコントラクトの設計者が訴追される可能性があると述べた。

そのため設計した時点で、アメリカ人がCFTCの規制に反した使い方をできるようになっていないか、合理的な範囲で想定して設計、公開してほしいとQuintenz氏は話した。

先日お知らせ した通り、CFTCは仮想通貨関連の取り締まりを強めており、過去5年で最高の9000万ドルを民事徴収している。

▶️本日の速報をチェック
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧