米LinkedIn 2018年度新興求人ランキング:一位にブロックチェーン・エンジニア

LinkedInの2018年度トレンド求人ランキング
米人気LinkedInは、2018年度の米国内の新興職業の求人に関する調査結果を公表した。今年度の結果は一位から順に、ブロックチェーンエンジニア、機械学習エンジニア、アプリケーション営業職となった。その求人に関する詳細も結果報告されている。

LinkedIn:2018年度トレンド求人ランキング

LinkedInは2018年度の米国内の求人トレンドに関する調査結果を公表した。

その調査「The Emerging Jobs Report」では、利用者のデータを分析し、米国において著しく求人が伸びている分野を調査し、それをランキング方式で発表している。同調査はキャリア設計の一助になることを目的としている。

今年度の結果は、ブロックチェーンエンジニアが一位となった

それに続いて、機械学習エンジニア、アプリケーション営業職、機械学習スペシャリスト、プロの医薬情報担当者となっている。

出典:LinkedIn

求められるスキルは?

出典:LinkedIn

ブロックチェーンエンジニアに求められるスキルのランキングとしては、降順に、コントラクト開発などで利用されるプログラミング言語「Solidity」、ブロックチェーンに関する知識、イーサリアムの知識、仮想通貨の知識、Node.jsとなっている。

求人募集を行なっている主な企業は、IBM、ConsenSys,Chainyardとなっている。

なお、2017年度のランキングでは、ブロックチェーンエンジニアはトップ20にも入っていない

今年に入り仮想通貨価格は低迷し続けたものの、その影響を全く感じさせず、ブロックチェーン技術の需要は大きく伸びているようだ。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者7,000名突破。

CoinPostの関連記事

『米国の仮想通貨事業に資本流入が加速している、コインチェックにノウハウを逆輸入したい』マネックス松本CEO
事業説明会後の質疑応答で、「低迷する仮想通貨市場だが、将来的にマーケットは良くなるだろう。ブロックチェーンを含め、アジアパシフィック領域の展開も考えている」などと言及した。
自動車業界、今後3年間で「ブロックチェーン分野」への積極投資を検討|IBM調査
ブロックチェーン技術の実用化を模索する自動車業界。IBMが実施した上級管理職1314人へのアンケートでは、約62%が2021年までに同業界でブロックチェーン技術が多大な影響力を持つようになると回答した。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック