銀行を含む新規5社が仮想通貨XRPを利用する「xRapid」採用を表明|リップルネットは参加企業が200社超に

リップルネット加入企業が200社超、リップル社が発表
リップル社が米時間8日、同社が世界40カ国で展開するリップルネットに新たに13社が加入した事を発表した。その内5社は仮想通貨XRPを一部送金で利用する方針を示しており、特筆すべきは内1社がxRapidにとって初の銀行である点だ。

英銀行が初のxRapid導入を発表、13社が新たにリップルネット加入

リップル社は公式ツイッターから新たに13社がリップルネットに加入した事を発表した。既にリップルネットには200社以上の送金企業や銀行等の金融機関が加入している。

新規加入した13企業の内5社が、送金時の流動性向上の為に仮想通貨XRPを利用する事を発表している。

5社の1つでロンドンとカリブ海セントルシアに拠点を置くEuro Exim Bankは今年から国際送金に現在150億ドル相当(約1.6兆円分、Fortune社)の流通量を誇る仮想通貨XRPを利用する事を発表した。

同銀行のディレクター、Kaushik Punjani氏は以下のようにコメントした。

リップル社と提携してxCurrentとxRapidの両方を導入する事となった。これらが顧客にもたらす利点に期待している。

注目点は、新規加入した13企業の内5社が、送金時の流動性向上の為に仮想通貨XRPを利用する事を発表している事だ。

なおリップル社は仮想通貨XRPを利用せずとも、リップルネット加入企業は「リップル社の技術と最先端のAPIを駆使して、速く、低コストで透明性の高い送金が可能となる」と述べているが、XRP採用事例が急加速した点は大きな注目点であり、XRPの実利用拡大は相場にもいい影響を与えそうだ。

さらに特筆すべきは5社の1つでロンドンとカリブ海セントルシアに拠点を置くEuro Exim Bankは、今年から国際送金に現在150億ドル相当(約1.6兆円分、Fortune社調べ)の流通量を誇る仮想通貨XRPを利用する事を発表した。

これまで送金業者の利用が多かったXRPの利用だが、今回Euro Exim Bankが銀行では初めてxRapidを導入する事となった。

なお、Euro Exim Bankは実際にXRPを保有するわけではなく、ペイメントプロバイダのBitPayが仮想通貨の運用を担うこととなる。

同銀行のディレクター、Kaushik Punjani氏は以下のようにコメントした。

リップル社と提携してxCurrentとxRapidの両方を導入する事となった。これらが顧客にもたらす利点に期待している。

また同銀行の運営部長のGraham Bright氏は今年の後半にはXRPを取り扱うエクスチェンジサービスを開始する予定でもあると大手メディアFortuneに対して語っている。

リップル社は仮想通貨XRPを利用せずとも、リップルネット加入企業は「リップル社の技術と最先端のAPIを駆使して、速く、低コストで透明性の高い送金が可能となる」と述べている。

今回新たに加入を発表した企業は以下の通り。(紹介順はリップル社参考)

  • Euro Exim Bank(仮想通貨XRPを利用)
  • SendFriend(仮想通貨XRPを利用)
  • JNFX(仮想通貨XRPを利用)
  • FTCS(仮想通貨XRPを利用)
  • Ahli Bank of Kuwait
  • Transpaygo(仮想通貨XRPを利用)
  • BFC Bahrain
  • ConnectPay
  • GMT
  • WorldCom Finance
  • Olympia Trust Company
  • Pontual/USEND
  • Rendimento

また今回の発表に際して、リップル社のCEOであるブラッド・ガーリングハウス氏は以下の様にツイッター上で発言した。

昨年、複数の著名評論家が金融機関は送金フローの中で絶対に仮想通貨を利用しないだろうと予想していた。当時も言っていた点を私は強調する:ユーザーにより良いものを、低コストで提供できるなら彼らは(仮想通貨を)利用するだろうし、実際に利用している!

リップル社によると、現在リップルネットは6つの大陸を跨ぎ、約40カ国以上で送金ネットワークを展開している。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者10,000名突破。

CoinPostの関連記事

藤巻議員が「XRP(リップル)」を事例に仮想通貨技術を賞賛、日本政府の対応遅れを危惧
参議院議員(日本維新の会)の藤巻健史議員は、自身の公式ツイッターアカウントでRipple社のネイティブトークン「XRP」を事例として取り挙げ、仮想通貨技術を賞賛した。未だ拡大の余地があるとした上で、日本政府の対応遅れを危惧した。
51%攻撃再発を受け、リップル社CTOが仮想通貨XRPの優位性を強調
仮想通貨イーサリアム・クラシックの51%攻撃の報道を受け、XRPの考案者兼リップル社のCTOはSNS上で、XRPの分散型台帳にはPoWコンセンサスの脆弱性がなく、より優れているブロックチェーンであると言及。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

「LINE@」厳選情報を配信!

日本や海外の「重要ニュースまとめ」をいち早く入手したい方は、ぜひ登録してみて下さい。

友だち追加