CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨取引所Huobi、XRP(リップル)の先物取引開始「非常に近い」 機関投資家向けた構想と説明

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

仮想通貨取引所HuobiのXRP先物取引計画
大手仮想通貨取引所Huobiが近々仮想通貨XRPの先物取引を開始する予定であることが判明した。機関投資家に向けた仮想通貨デリバティブ構想の一つであるとHuobiの顧問弁護士は説明している。

Huobi、XRP先物取引計画が判明

大手仮想通貨取引所Huobiが昨年末発足したデリバティブ取引市場で仮想通貨XRPの先物取引商品を提供する計画があることが、関係者の話から明らかになった。

Huobiの顧問弁護士で、グローバルセールスと法人向け事業部門の部長も務めるJosh Goodbody氏は、海外仮想通貨メディアに対し、XRPの先物取引商品の提供を、近々開始する計画を語った。

XRPの先物取引を「非常に近い将来」、リリースしようと思っている。

また2019年は、そのほかにもさらなる暗号資産も追加する予定で、この発表の間隔はさらに短くなっていくだろう。

現在Huobiは以下4種の仮想通貨銘柄の先物取引を提供している。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イオス(EOS)
  • ライトコイン(LTC)

11月にベータ版が開始したHuobi DM(デリバティブ・マーケット)は最初ビットコインのみの取り扱いから始まり、その後12月にイーサリアムとイオスがラインナップに加わった。また先日25日には新たにライトコインも取り扱いが発表された。

このようなデリバティブ市場提供の背景には、機関投資家を仮想通貨市場に誘致する姿勢が表れている。

長期的に言えば、機関投資家プレイヤーのさらなる参入を望む弊社の信念の下、今後も機関投資家向けの商品を今後も開発し続けていく。

機関投資家に目を向ける仮想通貨取引所の流れは、Huobi以外にも多岐に及ぶ。

今月バイナンスがOTC取引提供を開始することを「Binance Blockchain Week」で発表。OKExも限月の無い「永久先物」といった先物取引と酷似しているデリバティブ商品を提供を開始している。

永久先物(Perpetual Swap)とは

先物取引と類似したデリバティブ商品の一種で、人工的に現物と似たエクスポージャーを得ることができる。先物取引と異なる点は契約終了日が無い点で、決済期は毎日行われる為、ポジションを半永久的に保てる。

2017年12月にCboeとCMEがビットコインの先物取引提供を開始した際にはビットコイン市場への期待が高まり、12月のビットコイン最高値を更新した要因の一つとなった。

先物取引は機関投資家などが仮想通貨やビットコインを直接所有しなくても、仮想通貨のボラティリティにポートフォリオにエクスポージャを与える機会が利点の一つである。多くの仮想通貨取引所が積極的に先物商品提供に走っている傾向に関連していると言えるだろう。

▶️本日の速報をチェック
CoinPostのLINE@

スマートフォンへの「プッシュ通知」で、相場に影響を及ぼす重要ニュースをいち早く知らせてくれる「LINE@」の登録はこちら。大好評につき、登録者11,000名突破。

CoinPostの関連記事

【速報】仮想通貨取引所BinanceがOTCデスクの開始を発表 昨年に続き大口参入の環境整備強化へ
取引所バイナンスの主席財務責任者を務めるWei Zhou氏は、パネルチャットに登壇し、同取引所がOTCトレーディングデスクを開始したと明らかにした。昨年末から続き、大口や機関投資家に向けた取引環境の整備へと動いている。
世界有数の仮想通貨取引所OKEx、イーサリアムの「永久先物取引」開始|リップルやライトコインも候補に
世界取引高トップ3の仮想通貨取引所OKExは、日本時間12月26日21時よりイーサリアムの永久先物取引『Perpetual Swap』の提供を開始した。現在、ビットコイン・EOSも取引可能。
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/24 水曜日
19:00
バイナンス、政治系ミームコイン「PEOPLE」などマージントレードに追加
バイナンスは、新たに9つの銘柄のレバレッジ取引市場を開始。PEOPLEという政治系ミームコインも含まれる。クロスマージンと分離マージンに対応し、資金効率とリスク管理を両立。
18:00
マウントゴックス、24日昼にも巨額ビットコインを送金
マウントゴックスが24日13時に巨額の暗号資産(仮想通貨)ビットコインを送金。債権者への弁済の一環とみられ、クラーケンとビットスタンプでの手続きが進行中。
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア