フランス、新聞や切手も売る「タバコ屋」1万店舗で仮想通貨が購入可能に|ビットコイン、XRP(リップル)など計5種類

フランスのタバコ屋1万店で仮想通貨が購入可能に
フランスの仮想通貨スタートアップDigycodeは、ユーロで購入できる仮想通貨クーポンの販売を国内1万店舗のタバコ屋で可能にすると発表。クーポンはビットコイン、XRPなど計5種類の通貨に対応予定。

フランス、タバコ屋1万店で仮想通貨が購入可能に

今週、フランス仮想通貨メディアcryptonautの報道によると、仮想通貨スタートアップのDigycodeは、パリに本拠を置く世界的大手電子決済端末メーカーIngenico社と共同でユーロで購入できる仮想通貨クーポンの販売を展開している。

出典:Digycode

フランスの仮想通貨メディア「Cryptonaute」によると、およそ1万におよぶタバコ屋(Tabac)の店舗でクーポンの購入が可能になるという。

クーポンは20、50、200ユーロのものに分かれており、5種類の仮想通貨に対応している。以下が、対応通貨である。

  • BTC
  • XRP
  • ETH
  • LTC
  • DASH

クーポンのシークレットコードを、Digycodeのウェブサイトに入力するとユーザーのウォレットに仮想通貨が入金される形となる。

以下は、それに関連したDigycode公式のツイート。

フランスのタバコ屋は日本の雑貨屋に近い存在であるため、そこでこのような形で購入できるとなると、仮想通貨はより身近なものとなるだろう。

一方で、昨年の11月、フランスのラジオ番組では、フランスの規制当局「French Prudential Supervision and Resolution Authority」が同国のタバコ連盟団体へ仮想通貨の販売許可を与えたと報告したが、その後、フランスの「金融市場庁」が開示したプレスリリース では、仮想通貨の販売におけるライセンスを持つ会社は一つもなく、仮想通貨の小売業に関する許可も出していないと示している。

▶️本日の速報をチェック

CoinPostの関連記事

仮想通貨ICOで資金調達を行なったフランスの暗号資産運用会社、ヨーロッパで初の認可へ
仮想通貨資運用企業「ナポレオン・グループ」はヨーロッパ初、ICOで資金調達を行ったフランス金融市場庁認可の企業となった。同社は来年、機関投資家向けの金融商品をローンチ予定。
仮想通貨ビットコインでタバコが買える:フランス国内小売店、来年1月から「BTC決済システム」導入へ
来年1月1日から、フランスのタバコ小売店にてビットコインでの販売を開始する計画が明らかとなった。ただフランス中央銀行からは、ビットコインでのタバコ販売に関して一切同意をしていないとの声明が発表され、大きな懸念点が残る。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら