バイナンスの証拠金取引は「間もなく開始」 CEOが語る今後の展望

バイナンスの今後の展望
仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏はハッキング発覚直後に予定通りAMAセッションを実施。話題となっていた証拠金取引など今後のサービス展開に関する展望を語った。

バイナンスのCEO、今後の展望を語る

大手仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏がAMAセッションにて今後の事業展望や計画を示唆。証拠金取引や次の法定通貨取引ペアなどについて言及している。

またほかにも本日発覚したおよそ7000BTC(約45億円)相当のハッキング侵害に関する詳細はこちらから。

CoinPost関連記事

バイナンスが仮想通貨ビットコインのロールバックに言及|ハッキング被害直後のAMAで
本日約45億円相当のハッキングが発覚した大手仮想通貨取引所バイナンスのCEOであるCZ氏が予定通りAMAセッションを実施。ハッキングに関する詳細や今後の対応方針について語った。

今回CZ氏が示唆した新たなサービスは以下の通りである。

  • 証拠金取引
  • 次の法定通貨取引ペア
  • 次のトークンセール(IEO)
  • 独自のステーブルコイン
  • 上場プロセス

証拠金取引

さらに最近話題となっていた「証拠金取引」開始の噂が本当であると発言。「あと少し」でリリース間近であると述べており、 まずは大口トレーダーを対象に取引を開始して、修正などを加えた後に一般向けに公開していく方針を明らかにした。

すでに内部チームの試用実験は完了している状況だという。

バイナンスの証拠金取引に関する詳細はこちらから

ついにバイナンスで証拠金取引?API上で9つの仮想通貨ペアが「有効」に ビットコイン・イーサリアム・リップルなど
仮想通貨取引所大手BinanceのAPIで、9つの取引ペアで証拠金取引を示す変数が有効になったことが確認された。APIの内容や背景を考察。

法定通貨ペア

またCZ氏によると次回にバイナンスが提供する法定通貨の取引ペア、および取引所はアルゼンチンとなりそうだ。CZ氏は以前にSNS上で示唆したアルゼンチンがもっとも可能性の高い国であると述べている。

3月にもCZ氏は以下のようにアルゼンチンにおける法定通貨取引ペアの設立に関する可能性を示唆していた。

このように述べながらも、CZ氏は各国の規制に則る必要性を強調。「世界一規制を遵守する法定通貨建の取引所」としてのブランディングを確立してから安全な形で規模拡大を図っていくと事業方針を語った。

次のトークンセール

その他にも次のバイナンスのトークンセール・プラットフォームにおけるIEOのタイミングについても言及した。CZ氏によるとすでに複数の候補が選定されており、5月中には対象通貨とトークンセールを行いたいと期待を述べている。

さらに前回導入したBNBの保有期間の短縮化がユーザーから好評で批判のコメントも少なかったことから今後も同様の保有期間を設けると述べた。

これまでのトークンセールに関する詳細はこちらから

バイナンスの仮想通貨ICO第3弾、「過去最大の需要」で4.4億円相当が約17分で完売
大手仮想通貨取引所バイナンスのICOプラットフォーム「Binance Launchpad」で3回目のトークンセールが実施され、約4.4億円相当の「CELR」トークンが開始から17分で完売した。「CELER」トークンはこれまでで最高の購買需要を見せたとCEOのCZ氏は述べている。

ステーブルコイン

またCZ氏は今後バイナンスが独自のステーブルコインを発行する可能性についても言及。

「何が起きるかもしれない」と述べたCZ氏は具体的なコメントはしなかったものの、間接的に今後ステーブルコインを発行するかもしれないと将来性を示唆した。

上場プロセス

バイナンスチェーンで発行された通貨は上場プロセスで優先されるほか、プロモーション活動などにおいてバイナンスからサポートが得られると言及。

バイナンスで上場するメリットとしてジョイントマーケティング、上場の容易性がアップすることなどを挙げた。さらに現在調整中の段階にあるバイナンスDEXでは、既存のバイナンスより取り扱い銘柄を10倍提供していく目標があることが要因だとCZ氏は説明した。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

YouTube

XRP MEETTUP JAPAN 配信を限定公開

XMJ2019のアーカイブを公開中!

CoinPostのLIVE映像を見逃した方、米Ripple社STO David SchwartzやSBIホールディングス北尾社長など豪華スピーカーの講演内容をもう一度聴き直したい方は、CoinPost公式チャンネルからご覧下さい。

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら