Bakktが7月にも『ビットコイン先物のテストを開始』 仮想通貨の急騰要因に

Bakktが7月にも『ビットコイン先物のテストを開始』
Bakktは13日、現物先渡し決済のビットコイン先物提供に向たテストを7月に実施する予定であると発表した。これを受け、BTC価格が急騰し年初来高値の85万円を更新した。

Bakktが7月にも『ビットコイン先物のテストを開始』

NY証券取引所の親会社ICE(インターコンチネンタルエクスチェンジ)が手がけるBakktは13日、現物先渡し決済のビットコイン先物提供に向たテストを7月に実施する予定であると公式ブログを通じて発表した。日間と月間ベースの2種類のビットコイン先物取引に関する書類も13日付けでCFTCに提出したという。

Bakkt社CEOであるKelly Loeffler氏は、『CFTCと密接に連携し、取引、透明性、市場における先行きの確実性といった顧客のニーズだけでなく、連邦規則にも則ったコントラクト(≒先物)の開発に努めてきた』と発言し、ビットコイン先物の提供で関わるICEの取引所や清算機関と協力して、今後数週間に渡って承認試験(user acceptance testing = UAT)の準備を進めると発表した。UATは7月に予定されるという。

今回テストの開始こそ発表されてたが、現在Bakktの先物提供延期に関する問題点『自社カストディでビットコインの保管と清算を行うためのライセンス取得』に関する明言は避けているため、実際に正式なローンチが直近で行われるかは定かではない。

ただ、米政府閉鎖やCFTC長官の交代など外的なものを含めた複合的な要因で延期を余儀なくされていたBakktにおいて、先物の提供が現実味を帯びてきた事例として、市場からも注目されている。

なお、Bakktの先物提供が開始される利点としては、以下のような内容が挙げられる。

  • ICEのプラットフォームで取引が行われる点(金融投資家の利用につながる)
  • 日間の現物先渡し先物取引を提供するため、実質的な現物取引のBTC取引が可能になる
  • 不正取引を排除した透明性の高い仮想通貨金融商品が取引される
  • 指数提供なども行なっているICEのシステムを利用した派生金融商品の開発も活発になる可能性
  • 第二フェーズ以降に控える、ビットコイン決済へ一歩進む(スタバなどと共同)

ビットコインが再び急騰

13日0:30に74.3万円まで急落、8:00〜9:00の間に75.5万円まで再下落してしていたBTC価格はその後反騰。同23:00時点で81万円まで回復していた。

その後、Bakktのビッグファンダに反応する形で、騰勢を強め高騰。年初来高値(GMOコイン)の85万円を更新している。

レジスタンスラインはほぼ存在しておらず、90万円を超えた場合は昨年7月以来の水準に。7月25日の最高値である94.5万円を上回れば、大台の100万円や心理的節目の10,000ドル(110万円)到達も現実味を帯びて来ると言えるだろう。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック