機関投資家のビットコイン投資額が前四半期比2300%増加|グレイスケール社Q1仮想通貨レポート

ヘッジファンドのビットコイン投資が大幅増加
大手仮想通貨投資企業グレイスケール社のQ1レポートによると、今年から機関投資家からのビットコイン投資が大幅に増加。相場が回復の兆しを示す中、顧客基盤に変化がみられた格好だ。

ヘッジファンドのビットコイン投資が大幅増加

長い「仮想通貨の冬」を経た今年の春以降、大幅な相場の回復が見られるビットコイン相場。2019年最初の3ヶ月で機関投資家などによるビットコイン投資が加速的に増加していたことが米国の大手仮想通貨投資Grayscale社の四半期レポートから明らかになった。

同社の事業開発部門責任者であるRayhaneh Sharif-Askary氏は、海外ブロックチェーンメディアBlockTVのインタビューで以下のように語った。

当社の顧客基盤について詳述した第一四半期の投資レポートを公開したが、その中で、いくつか興味深いテーマが発見できた。

018年は明らかに弱気市場だったことで第4四半期における機関投資家、特にヘッジファンドを見ると、ごく僅かな数しか参入していないことが伺える。

一方2019年第1四半期には約4300万ドル(46億円)を調達した内その73%は機関投資家で、さらにその半分以上(56%)がヘッジファンドからの投資だった。当社の顧客基盤がファミリーオフィスなどの裕福な個人層から、機関投資家へと拡大していることがわかった。

出典:Grayscale

Grayscale社の第一四半期投資レポートによると、同社製品への投資額は、2018年第4四半期の3010万ドルから、2019年第1四半期の4270万ドルへと42%の増加が見られる。その中でも、ヘッジファンドからの投資は 2018年第4四半期に100万ドル(約1億円)未満だったが、2019年第1四半期にはその24倍に当たる2400万ドル(26億円相当)まで増加するなど、顕著な動きとなっている。

また、第1四半期に投資された製品で見ると、ビットコイン投資の「Grayscale Bitcoin Trust」が全体の99%を占めており、今年に入り投資対象としてビットコインがほぼ独占していることがわかる。なお、2018年4月から2019年3月まで12ヶ月間の投資商品の割合では、ビットコインは76%となっている。

出典:Grayscale

Sharif-Askary氏は、機関投資家は仮想通貨周辺のインフラ整備が整っていることを理由に「ビットコイン・仮想通貨が価値のある資産クラスとなる世界を見越しているのだろう」と自身の見解を示した。

積極的なGrayscale社の仮想通貨投資のプロモーション

Grayscale社は、先月、ビットコインや仮想通貨こそが未来で、金は時代遅れだという内容の衝撃的なテレビCMを流し、注目を集めたが、これは同社のキャンペーン「Drop Gold」(金を”投げ捨てる”)の一環として行われたものだ。

上述のSharif-Askary氏はこのキャンペーンの目的を、投資家に金投資資金の一部をビットコインに割り当てることを促すものだと解説。金投資は文化的背景や伝統もあるが、ミレニアル世代などのデジタル時代に生きる次世代にとって、迅速かつ簡単に価値を移転できる手段は重要であると説明した。

 

またアメリカだけでも、今後25年間で68兆ドルという富が次の世代に受け継がれて行く中で、投資対象として金と比較すると市場規模が小さいビットコインが持つ市場拡大の可能性を強調した。

CoinPost関連記事

『金ではなく仮想通貨を保有資産に』米投資会社のテレビCMが全米で放送開始
米仮想通貨投資会社Grayscale社が、仮想通貨投資の普及を目的としたテレビCMを全米で放送する。『金ではなく仮想通貨をポートフォリオに』と投げかけるなど、デジタルゴールドと見るビットコインなどの仮想通貨の未来を訴えかける内容になっている。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら