BYTHESEA.online|ブロックチェーンを活用した地域通貨で環境問題などの解決目指す

ブロックチェーンを活用した地域通貨で環境問題などの解決を目指す
株式会社ダースーが運営するライフスタイルメディア・「BYTHESEA.online」は、ブロックチェーンを活用した地域通貨「BYTHESEA.coin」のテストプロジェクトを7月15日の海の日にあわせ開始した。

ゴミ拾いで地域通貨が得られる

株式会社ダースーが運営するライフスタイルメディア・「BYTHESEA.online」は、ブロックチェーンを活用した地域通貨「BYTHESEA.coin」(通貨単位:BTS)のテストプロジェクトを7月15日の海の日にあわせ開始した。

無料で参加できるBYTHESEAアンバサダーに登録すると、海でゴミ拾いなどをするとBTSがもらえ、獲得したBTSを使って他のBYTHESEAアンバサダーが提供するサービスや製品を購入することが可能になるというもの。

海洋プラスチック問題をはじめとする環境問題が深刻となり、2050年には海のプラスチックごみは魚の量を上回るという予測も出ている。 また、海辺の地域経済も、漁業の就業人口が減少し、経済活性化が大きな課題となっている。

茅ヶ崎市を拠点とするBYTHESEA.onlineは、湘南エリアの海の近くの居住者や海を愛する人たちに向けたオンラインメディアで、こうした課題を解決を行うための取り組みを行なっている。そのための仕組みづくりに、独自のアルゴリズムを開発したトークン設計プラットフォーム「PEACE COIN(ピースコイン)」を活用した地域通貨「BYTHESEA.coin」のテストプロジェクトを開始した。

BYTHESEA.onlineでは、BYTHESEA.coinの提供を通じて、「海からもらうARIGATO!!!」と「海を愛する人からもらうARIGATO!!!」の「感謝の循環」を活性化するコミュニティを形成し、海洋プラスチックや地域経済の課題解決を目指すという。

BYTHESEA.coinでは、以下のようになことが可能になる。