過去2年の仮想通貨ビットコイン市場、最も価格変動の激しい時間帯が判明=LongHash調査

仮想通貨市場で最も価格変動の激しい時間帯は
ブロックチェーンメディア「LongHash」の分析により、日本と北アメリカとの時差などから、ビットコインの最もボラティリティの高い時間帯が判明した。

ビットコイン、午前10時の価格変動が最も激しい

過去2年の仮想通貨市場において、日本時間の午前10時がビットコインの最もボラティリティの高い時間帯であることが、ブロックチェーンメディア「LongHash」の分析により判明した。

出典:LongHash

同調査では、2017年7月6日から2019年7月2日までのコインベースの仮想通貨データが利用されている。そのデータをもとに、それぞれ1時間ごとの高値・安値をその他23時間の高値・安値との差異を比較。その結果、日本時間午前10時が最も価格変動の激しい時間帯であったことが導き出された。

その理由として、アジア諸国で勤務を開始する時間帯と北アメリカの日没時間が重なる点や、アジアに住むトレーダーが起床後にニュースに反応を始める時間帯と北アメリカに住むトレーダーが就寝前にニュースに反応を示す最後の時間帯と重なる可能性を挙げている。

ただ一方で、ビットコインを買うべき時間というものは発見されなかったものの、午後の時間帯(正午から午後9時)では、高値よりも安値を記録する割合がやや上回ったとのことだ。

CoinPostの関連記事

グーグル検索数「草コイン」が急上昇、リブラ公聴会議員がビットコインと草コインに言及
リブラ公聴会でDavidson議員が、ビットコインとの違いを「草コイン」のワードと対比させ質問し、「草コイン」のグーグル検索数が大幅上昇。リブラとビットコインとの違いにも言及された。
ビットコイン30分で9%反発|中国の裁判で初めてBTCが合法なバーチャル財産に
ビットコインが18日夜、短時間で大幅に上昇し前日比10%高を記録。中国の裁判所で初めてBTCをバーチャル財産とみなすことや、昨日米公聴会でのビットコインに関するポジティブな言及が材料視されたか。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら