リップル社が投資ファンドに約26.5億円分のXRPを出資|今後も出資先増加か

リップル社のVCファンドへの投資
リップル社は、仮想通貨業界では古参のBlockchain Capital が提供する ”Blockchain Capital Parallel IV LP Fund” に対し、2500万(約26.5億円)もの出資を自身の仮想通貨であるXRPを使用して行うことを発表しました。
増えゆくリップル社の投資
リップル社は、以前にも、教育関連の非営利団体であるDonorsChooseに$2900万(約30.7億円)を出資しており、35000個ものクラウドファンディングプロジェクトを実現させました。さらに、リップル社の重役を務めるGriffin氏は、今回のファンドへの投資が最後ではないことを示唆しています。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

XRPを利用して約26.5億を投資ファンドに出資

リップル社は、仮想通貨業界で最古の投資ファンドであるBlockchain Capitalに対し、自身の仮想通貨であるXRPを使用して$2500万(約26.5億円)の出資を行うことを発表しました。

リップル社は、Blockchain Capitalの第4号ファンドであり、仮想通貨での出資のみを受け付けている”Blockchain Capital Parallel IV LP Fund”への参加を表明しました。

Fortune にて、Blockchain Capitalの代表は、以下のように説明しました。

「私達は、リップル社からのXRPでの出資を受け入れたことによる価値の変動リスクから他の出資者達を保護するため、パラレルファンドを作成しました」

リップル社により「出資をデジタル資産で受け付ける最初のファンド」と説明されたこのパラレルファンド方式の金融商品は、$1.25億(約132.5億円)を自力で調達した Blockchain Capital IV LP fund と統合され、サンフランシスコ基盤のベンチャーキャピタル企業であるBlockchain Capitalは4回の資金調達で合計で$1.5億(約159億円)を調達しました。

その最大の資金調達を経て、Blockchain Capitalは、現時点で$2.5億(約265億円)もの資産を有し、そのポートフォリオには、Coinbaseや、Kraken、Circle、そして、リップル社が含まれています

その$1.5億(約159億円)のファンドは、ブロックチェーン技術を様々な用途に活用するスタートアップや起業家チームへの出資に当てられます。

リップル社はオープンソースプラットフォームによる決済という枠組みを超えた用途について以下のように指摘しています。

「この出資は、XRPレジャー及び、インターレジャープロトコルの新しい用途を模索する良い機会になるでしょう

また、Blockchain Capitalの共同創業者であるStephens氏はこのように発言しました。

「ブロックチェーン技術や分散型台帳技術は、医療や、身分証明の分野を始め、様々な分野において恩恵をもたらすでしょう」

さらに、以下のように続けました。

「XRPやビットコイン、またはその根底にあるブロックチェーン技術しか使用されなかったとしても、私達の目標は、最高のプロジェクトを探し出し、彼らが長期的にみて、顧客に価値を与えられる企業となるように資源を提供することなのです」

Blockchain Capitalは、2015年に23ものビットコイン、または、ブロックチェーン企業に投資を行い、2016年初期に行われた第2回目の資金調達では$1300万(約13.8億円)を調達したと当時報告されています。

さらに、同VC企業は、第3回目の資金調達において$1000万(約10.6億円)をICOにて調達しました。

Blockchain Capitalの運営パートナーであるBrock Pierce氏は当時CCNの取材に対し以下のように回答しています。

「私達は、金融分野に焦点を当てている仮想通貨及び、ブロックチェーン企業を始め、医療からメディアまで様々な分野においてブロックチェーン技術を活用しようと考えている企業など、ブロックチェーン技術にとって大きなチャンスであるものを対象に投資を行ってきました

さらに、リップル社は、ブロックチェーン関連のスタートアップや、ビジネスを支援していくため、他のベンチャーキャピタルファンドにも出資していく方針を示唆しています。

リップル社の戦略発展のシニア・バイスプレジデントを務めるPatrick Griffin氏は以下のように述べています。

「私達にとって、このファンドは、初めて出資したものですが、これが出資する最後のファンドという訳ではありません

「私達は、次世代のブロックチェーン及び、仮想通貨企業の形成を担う主要企業を目指しています」

リップル社の$2500万(約26.5億円)もの投資額は、教育に焦点を当てた非営利団体のDonorsChooseに対する、自身の$2900万(約30.7億円)への出資額よりは少ないと言えます。

この団体への寄付は、35000個ものクラウドファンディングプロジェクトの出資に当てられました。

Ripple Invests $25 Million in XRP in Blockchain Capital’s $150 Million VC Fund

Apr 11, 2018 by Samburaj Das

参考記事はこちらから

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用