mijin v.1:世界88カ国で利用可能に|Microsoft Azure Marketplace​に日本初パートナー採用

mijin v.1がMicrosoft Azureに
テックビューロ社のブロックチェーン製品「mijin v.1」がMicrosoft AzureのAzure Marketplace​に日本初パートナー採用され、世界88カ国で利用可能になりました。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

テックビューロ社ブロックチェーン製品mijin

日本マイクロソフト株式会社のクラウドプラットフォームである、「Microsoft Azure​」の Azure​ Marketplaceに「mijin v.1」が日本初採用となりました。

テックビューロ社が提供するブロックチェーン製品「mijin v.1」が世界88カ国で利用可能になります。

また、インストール作業が不要となり、利用可能な状態となるまで最短5分となりました。

更に、ノードのスペックや台数についても自由に設定が可能となり、申し込み日から30日間は無料となります。

本日4月26日より提供を開始するとのことです。

mijinについて

mijinは、大手取引所Zaifの運営元であるテックビューロ社が開発し、2015年9月より発売したプライベート・ブロックチェーン製品です。

プライベートブロックチェーンとは、ビットコインのような誰でも参加出来るパブリックブロックチェーンとは違い、ある特定の企業など限られた団体のみが参加出来るブロックチェーンです。

つまり、企業内でのブロックチェーン導入を手助けする製品とも言えます。

企業で導入することで、様々なデータ管理に対し、ブロックチェーンの特徴である「改ざんが限りなく困難である」特性を付与することができます。

また、mijinはネムのコア開発者がテックビューロ社で開発した製品で、ネムの技術が使用されています。

5月に公開予定のmijin v.2(Catapult)は驚異的な処理速度を誇っていると言われており、将来的にはネムブロックチェーンにも実装予定であるため、期待感が高まっています。

テックビューロ:5月にmijin v.2 Catapult(カタパルト)リリース予定
テックビューロ社のブロックチェーン製品mijinのv.2であるCatapult(カタパルト)が5月リリース予定と発表されました。ネム(NEM/XEM)ブロックチェーンなどのオープンソースのものに導入される時期については、明確にはなっていません。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用