ドバイの特区で仮想通貨取引を推進へ アラブ首長国連邦の規制当局が合意

仮想通貨取引を推進

アラブ首長国連邦(UAE)の規制当局は22日、ドバイの特別区域で暗号資産(仮想通貨)取引を推進していくことに合意したと発表した。

今回合意した機関は、UAEの証券・商品委員会(SCA)とドバイ世界貿易センター局(DWTCA)。DWTCAの特別区域内における仮想通貨取引や関連する金融活動について、規制整備や仮想通貨の提供と発行、上場をサポートしていくという。

UAEは以前から仮想通貨に対して前向きな動きを見せている。今年5月には、ドバイ空港自由特区局(DAFZA)とSCAが、ドバイの経済特区で仮想通貨ビジネスを推進する方向で合意したことが分かった。

関連ドバイ国際空港の経済特区、当局と合意で暗号資産ビジネスを推進へ

DWTCAの特区は、スタートアップや中小企業らが、国際的な市場を利用しながら現地で運営できるような理想的な環境を提供しているという。今までも、しっかりと規制されたエコシステムを構築してきた。

またSCAは、UAEの金融市場を規制・監督しながら、持続可能な投資環境を構築しようとしている。これから仮想通貨をサポートし、新しいイノベーションを基盤にしたシステムを利用。投資家の権利を保護し、健全な慣習を推進して、資本が集まるような環境づくりを目指す。

DWTCAは既存のライセンスやサービス、インセンティブを拡充させ、一方SCAは主に仮想通貨の発行や提供、上場や取引を監督する役割を担う。

DWTCAのトップHelal Saeed Almarri氏は、今回の合意に際し、以下のようにコメントを寄せた。

 

ドバイはイノベーションや、デジタルが主導する経済を今後も推進していくため、DWTCAは、ブロックチェーンや暗号技術を扱う企業をサポートしようと思っている。

 

SCAと協力して規制やサービスを拡充し、我々の特区における仮想通貨市場の監督も行なっていきたい。

また、NFT(非代替性トークン)などの新しい技術が、未来の商取引で重要な役割を担っていくとの見解を示し、「未来に備えることができるように、エコシステムのために持続可能な環境を提供できる方法を探っていく」とも述べた。

NFTとは

「Non-Fungible Token」の略称で、代替不可能で固有の価値を持つデジタルトークンのこと。現在ではアートやゲームなどでNFTの技術の活用が進んでいる。

▶️仮想通貨用語集

関連:非代替性トークンNFTとは|主な特徴と将来性を解説

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します