CoinPostで今最も読まれています

Polkadot、11日からパラチェーンオークション開始へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Polkadotのパラチェーンオークション開始へ

異なるブロックチェーンの相互運用を目指すプロジェクト「ポルカドット(DOT)」は11日、パラチェーンオークションを開始する。

パラチェーンオークション(以下、オークション)とは、相互運用を目指すポルカドットのネットワークに接続するブロックチェーンを順番に決めていくプロセスのこと。2020年5月のメインネットローンチ直後はパラチェーンの機能は実装されていなかったが、その後も開発を続け、これでポルカドットは本格運用を開始することになる。

パラチェーンとは

ポルカドットに接続する、独立した個々のブロックチェーンのこと。一方、各パラチェーンが接続され、ネットワークで中心的な役割を果たす部分は「リレーチェーン」と呼ばれる。

▶️仮想通貨用語集

関連初心者でもわかるPolkadot(ポルカドット)|仕組みと将来性を解説

ポルカドットについては先月、パラチェーンを接続した本格運用に向けた準備が完了したことが発表された。その際、オークションの日程も提案されている。その後、提案がガバナンス投票で可決されて日程が確定。11日からオークションが開始されることが決定していた。

関連Polkadot、本格運用開始へ パラチェーンオークションの日程を提案

一方で、異なるブロックチェーンをつないで相互運用を行うが、全てのブロックチェーンがポルカドットに接続できるわけではない。現在は接続できるブロックチェーンの数は100と限定されており、ポルカドットにつながるための枠である「スロット」を勝ち取るプロジェクトを決めるために、オークションが行われる。

現在の状況

オークションの仕組みは、大まかには一定期間内にポルカドットのネイティブ通貨である「DOT」を多く保有しているプロジェクトが勝者となる。各プロジェクトは、ポルカドットに接続する枠を勝ち取るために、より多くのDOTを集めることが必要だ。

本格的なオークションの開始は11日だが、各プロジェクトがDOTを集める「クラウドローン(Crowdloan)」という工程は5日からすでに開始している。各プロジェクトは、クラウドローンの間にコミュニティ等からできるだけ多くのDOTを集めて、オークションに臨む。

オークションは期間が定められているが、その期間のどの時点のDOT数量で勝者が決まるかは明確にされていない。これは、入札終了間際を狙った落札(スナイピング)を防ぐことが目的だ。そのため、各プロジェクトはオークション開始時からできるだけ多くのDOTを用意する必要がある。

クラウドローンに登録している中で、本記事執筆時点で各プロジェクトが集めているDOT数量のトップ5は以下。現時点では、DeFi(分散型金融)プロジェクト「Acala」がDOTの数量で1位になっている。日本発のパブリックプロチェーンを開発する「Astar Network」は現在3位だ。

関連DeFi(分散型金融)とは|初心者でもわかるメリット・デメリット、重要点を徹底解説

まず最初に開催される5回のオークションを1つにグループにした「Batch1」の予定は以下。入札終了時に決定される時点で一番多くのDOTを保有しているプロジェクトが勝者となる。1回のオークションにつき、1つのプロジェクトが勝者となる仕組みで、このBatch1の勝者がまとめて12月17日ごろにポルカドットにつながる予定。

  • オークション1:11月11日開始、入札終了は11月18日。
  • オークション2:11月18日開始、入札終了は11月25日。
  • オークション3:11月25日開始、入札終了は12月2日。
  • オークション4:12月2日開始、入札終了は12月9日。
  • オークション5:12月9日開始、入札終了は12月16日。

クラウドローンに貢献したDOT保有者には、貢献したプロジェクトのネイティブ通貨がもらえるなどの特典が、各プロジェクトごとに用意されている。

注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/06 水曜日
13:30
ふるさと納税のNFT採用進む、記念SBTで地域振興図る
日本各地の自治体がふるさと納税の返礼品としてNFTを導入する新しい動向を紹介。JPYC商品券の活用や、海陽町、高松市、岸和田市の先進的な取り組みを探り、デジタル技術を駆使した地域活性化の可能性を探る。
12:23
ビットコイン45000ドルまで大幅続伸、「ビットコインETF」巡るSECの動きに高い関心
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが45000ドルまで急騰した。ブラックロックや米SEC(証券取引委員会)を巡る動きを受け、ビットコイン現物ETFの承認思惑が加速している。
12:00
ビットコインマイニング企業Riot、マイニングマシンを6万台以上発注
米上場仮想通貨マイニング企業Riotは、MicroBTに6万台以上の最新ビットコインマイニングマシンを発注した。これまで最大規模の注文となる。
10:50
自民党主導の「デジタル先端金融議連」、ビットフライヤー等も参加
自民党がデジタル先端金融議員連盟を発足。暗号資産(仮想通貨)交換業者のビットフライヤー、コインチェックが参加。金融DX推進、Web3技術活用で現行制度の課題克服を目指す。グローバルな金融革新の状況を解説
10:30
新作Web3ゲーム「Apeiron」、Sky MavisのRoninチェーンに登場へ
アクシーインフィニティの開発スタジオSky Mavisはゲーム開発企業Fooni Magusとの提携を発表。新ゲーム「Apeiron」をRoninチェーンで展開する。
09:45
仮想通貨法人税制、2024年度も見直しへ
自民・公明の与党は、2024年度に向けた税制調査会を開催し、各省庁から出されている税制改正要望を査定。仮想通貨の法人税制を見直すことが決定したという。
08:40
ビットコイン続伸でマラソンなど仮想通貨関連株も続伸
主要な仮想通貨関連株はビットコインが44,000ドルに続伸したことを受け、6日にも続伸した。伝統金融では昨夜は10月の米求人件数データが発表され、労働市場が冷え込みつつあることが再び示されている。
08:05
IBM、仮想通貨向けコールド・ストレージ技術を発表
IBMは、仮想通貨などのデジタル資産向けの新たなコールド・ストレージ・ソリューションを発表。リップル傘下のMetacoらと協業し、このソリューションを開発したという。
07:30
コインベース、TikTokやインスタで仮想通貨送金無料に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは、世界で最も利用される通信・SNSアプリを通じて顧客同士が無料で仮想通貨を送金できる新サービスを導入した。
06:25
ブラックロック、ビットコインETF申請で10万ドルのシード資金調達
米資産運用大手ブラックロックの現物仮想通貨ビットコインETFの上場申請について、流動性提供のためのシードファンディングを10万ドル受けたことが判明した。
06:05
米SEC、グレースケールのイーサリアムETF上場申請の可否判断を延期
米SECは5日、グレースケールの仮想通貨現物イーサリアムETF上場申請の可否判断を延期した。今年中にビットコイン・イーサリアムのETF申請に対するSECの承認はされない見込みだ。
12/05 火曜日
19:46
「事業者向けのNFT活用法とは?」web3メディア経営者2名が動画解説|WebX STUDIO
動画コンテンツ紹介 新たにリブランディングした「WebX STUDIO(旧:CONNECTV)」。 「WebX STUDIO」第三弾では、CoinPost代表の各務貴仁と、あた…
18:25
ブラックロックらビットコインETF申請書の修正版提出
ブラックロックとビットワイズが暗号資産(仮想通貨)ビットコインの現物ETFの修正申請をSECに提出。SECの一斉承認に向けた準備と憶測が広がる。新しい監視・マネーロンダリング防止措置など、類似点の指摘も。
16:27
イーサリアムベースのDigiFT、RWA市場展開に向けシンガポールでライセンス取得
イーサリアムブロックチェーン上で展開するDigiFTがシンガポールでCMSライセンスを取得。デジタル証券とRWAトークン化により、革新的かつ安全な金融サービスの提供を目指す。ブロックチェーンと金融の融合が深化する。
13:58
「証拠不十分で仮想通貨企業を提訴した疑い」米連邦判事、SECに理由開示命令を下す
米連邦地方裁判所のロバート・シェルビー判事は、米証券取引委員会に対し仮想通貨企業DEBT Boxの資産凍結について、誤解を招きかねない不十分な証拠提示で提訴に踏み切ったと指摘。理由を説明するよう命じた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア