ネム(XEM)がビットコインに連動しない独自の値動き、10%高を超えた背景には?|仮想通貨市況

仮想通貨市場
仮想通貨市場は10月2日、ビットコインは未だ三角もち合いをのぼる動きを見せるも、20時時点ではブレイクは確認されず、本日の最も重要なイベントSWELL1日目を終えた。XRPを含む大多数の通貨には大きな動きこそ確認されなかったが、XEMが単独で10%高の高騰を記録した。

仮想通貨市場

仮想通貨市場は10月2日、ビットコインは未だ三角もち合いをのぼる動きを見せるも、20時時点ではブレイクは確認できず、前日比でほぼ動きがない値動きとなっている。

また2日未明に開催されたXRP関連の材料とされたSWELLが開催、SWELLに向けて上昇した相場ということもあり、開幕時間前に利確の動きが相次ぎ、一時10%を超える下落を記録するも、60円台を維持、XRPに関連するプロダクトxRapidの商用化が公式発表があったことで、下落前の水準まで値を戻した。

xRapidの商用化の材料は、アジア太平洋地域規制対応責任者を務めるSarbhai氏がCNBCのインタビューで明かしていたことから、相場には織り込み済みの材料との見方も強く、その後の継続した高騰には結びつかずにSWELL1日目を終えた。

しかし、昨年のSWELLはカウントダウンによる期待上げで大きく上げこそしたものの、材料出尽くしで大きく売られた格好となったことを踏まえると、今回はかなり高値の水準を保っていると言えるだろう。

なお、当時の状況と大きく異なる点は、先日の仮想通貨市況でも記載したXRPの出来高となり、いまだ高騰前の水準の7倍近い出来高を維持している。

また、ビットコインなどはあまり動かない価格推移を見せる中、ネム(XEM)は独走状態を見せている。

NEMは時価総額ランキング17位に位置する人気通貨の1つで、今日10%以上の価格上昇を見せた。

現在の時価総額は、約1133億円で、ネムは価格変動を続けており、何度か最低ラインに及んだが、その度価格を持ち直してきた。

最近、ネム関連のニュースが多く出ており、今回の上昇要因と考えられるニュースをまとめた。

ネム関連のニュースは?

09/26:世界最大規模のdAppsエコシステム「Gifto」とネム(XEM)が提携

9月26日、ネム(XEM)は本日、世界最大規模の分散型アプリケーション(dApps)エコシステムを提供している「Gifto」と提携を発表。

世界最大規模のdAppsエコシステム「Gifto」とネム(XEM)が提携
ネム(XEM)は本日、世界最大規模の分散型アプリケーション(DApps)エコシステムを提供している「Gifto」と提携を発表。

09/27:オーストラリアのグルメ検索・決済サービスのLivenと提携

オーストラリアで30万人以上のユーザーを抱え、1000以上のレストランの予約・支払いができるアプリのLivenと提携を発表した。

ネム(XEM)のニュース続く、オーストラリアのグルメ検索・決済サービスのLivenと提携
仮想通貨ネム(XEM)は、オーストラリアで30万人以上のユーザーを抱え、1000以上のレストランの予約・支払いができるアプリのLivenと提携することを発表した。

09/27:LIQUID × ネム(XEM)

QUOINE社が開発を目指す仮想通貨取引プラットホームLIQUID上で、ネム(XEM)の取引が可能になった。

09/30:Timechain × ネム(XEM)

2018年設立のTimechainは、ユーザーが仮想通貨の売買、取引、保管に役立つ仮想通貨ウォレットを作成した。

TimeChainはネム(XEM)をTimechain MetaWalletに統合、複数の同チェーンのウォレットとカテゴリを作成し、資産管理を簡略化することが出来る。

仮想通貨初心者や従来のユーザーのための仮想通貨管理と仮想通貨サービスを簡略化することを目指しているという。

10/01:ネム(XEM)とPortal networkの戦略的提携

ネム(XEM)とPortal networkは、ネムブロックチェーン上に分散型ドメインネームサービスである”NEM Name Service (NNS)”​を構築するための戦略的提携の合意に至ったことを発表した。

NNSは、ネムブロックチェーンによって管理されるため、長い暗号化アドレスをコピーまたは入力する必要なく、”ndp7a3-gduoh5-h5ffv3-pxfuau-hls4ne-oy6x3k-zi3v”のような複雑なアドレスではなく、みんなが覚えやすい(alice.nemなど)を使用しトークンを送れるという。

NEM and Portal network sign strategic partnership for NEM Name Service development

ネムのチャート分析

ネムの価格は、9円代をマークしてから反発して現在、12円台を超えてきており、14%を超える上昇を見せている。

レジスタンスラインであった黄色枠のラインを抜け、さらに一段上昇したと言える。

さらにフィボナッチリトレースメントから読み取ると、以下のラインがサポートラインとレジスタンスラインになる。

サポートライン:0.1ドル(約11.37円)、0.095ドル(約10.80円)、0.088ドル(約10円)

レジスタンスライン:0.107ドル(約12.16円)、0.114ドル(約12.96円)、0.125ドル(約14.21円)

なお、現在は、0.114ドル(約12.96円)のレジスタンスラインに跳ね返され落ちているが、再度チャレンジし、抜けてくるなら次のターゲットは0.125ドル(約14.21円)になる。

仮想通貨(ブロックチェーン)関連株

仮想通貨(ブロックチェーン)関連銘柄

ブロックチェーンを使用したdAppsゲーム開発などを予定しているとされる、モバイルファクトリー(3912)が7.49%高。

同社は7月25日、ブロックチェーン関連事業の本格化にあたり、株式会社ビットファクトリーを新たに設立し、ブロックチェーン市場の将来性に関しては、以下のように言及。

IDC Japan株式会社による 「2017年 国内ブロックチェーン関連ソリューション市場 ビジネス動向:分散アプリケーションプラットフォームの可能性」などのデータを元に、国内におけるブロックチェーン関連ソリューション市場は、2016年~2021年の年間平均成長率133.0%、2021年市場規模は298億円に到達する可能性があると予測、世界のブロックチェーン技術の市場規模は、2017年の4億1150万米ドルから2022年までに76億8730万米ドルへ、18.7倍に拡大するとしています。

その上で、次世代のインターネットとも言うべき可能性を秘めたdApps普及のため、dAppsを身近かつ容易に開発できる環境を提供すべく「Uniqys (ユニキス)Project」を発足。ウォレット機能付きモバイルdAppsブラウザ「Quragé(クラゲ)」のAndroid版をリリースしている。

有望視されている仮想通貨(ブロックチェーン)関連株の最新情報は、以下の記事でまとめているので参考にどうぞ。

CoinPostの関連記事

仮想通貨(ブロックチェーン)本命銘柄|関連株の最新情報まとめ
株式市場の仮想通貨(ブロックチェーン)の関連株一覧です。仮想通貨(暗号通貨)の将来性と市場の盛り上がりに伴い、時価総額(株価)の大幅上昇を期待できる本命銘柄と最新のポイント解説をまとめています。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら