CoinPostで今最も読まれています

Lisk CEO Max氏に独占インタビュー/価格やリブランティングについて

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

Lisk CEO Max氏にCoinPostが独占インタビュー実施
Lisk価格や予定されているリブランディング、今後の世界に対してのマーケティング等について質問しました。

内容公開の許可をして頂いたLisk社と、Lisk社CEO Max氏にこの場を借りて御礼申し上げます。

Lisk社は日本での情報発信を重視する方針とお聞きしました。

CoinPostではその力添えが出来るように、今後も日本の皆様にLisk社の正しい情報を発信出来るようなサイトを運営して参ります。

Lisk CEO Max氏インタビュー内容まとめ

―9月のアジアツアーから11月まで何か変わったことがありましたか?アジアツアーを終えてなにかいいビジネスアイデアなど得られることがありましたか?

中国、日本、韓国、インドを含むアジアツアーをしました。

このツアーを通して、どれだけ多くの人がブロックチェーン技術を知っているのかを知ることができました。

インドでは10億、中国では10億以上の人が現地で暮らしています。

しかし、もちろん彼らはブロックチェーン技術の全てを知っているというわけではありません。よって、可能性は偉大です。

ただし、私たちは全世界を対象としなければならないため、対象ユーザーが多すぎることから、全ての国にフォーカスすることができないと学びました。

よって特定のターゲットを絞り、その国のローカルコミュニティに根付き、そこから拡大しようとしています。

そしてアジア市場に参入したいと望みました。個人的にも、共同創業者のオリバー・ベッドウズ氏も日本のファンなので、自然と日本のコミュニティを市場参入のターゲットに選択しました。なので私は日本に戻ってきたのです。

日本の他にフォーカスしている国と理由をお聞かせ下さい。

Lisk自体世界的なムーブメントであり、世界中で見ることができます。

現時点で日本以外には2つの国にターゲットを絞っています。

一つはドイツです。私は生まれた地であり、在住しているのがドイツだからです。

二つ目はオランダです。オランダの人は技術に対してとても洗練されていて、彼らは技術に対して他の国の方とは違ったアプローチをしています。

このようにまずは少数のマーケットにターゲットを絞り、後に拡大していくつもりです。

Liskはスイスに拠点を置くので、スイスもターゲットには入っていますが、市場の大きさは主要ターゲットに劣ります。

アジアでは日本。しかし、韓国、中国、またはアメリカやアメリカ大陸のプロモーションはどうでしょう?

今回のツアーを通して、韓国や中国のたくさんの方にお会いすることができました。

韓国では、Liskが国営テレビで放映されました。他のブロックチェーントレーダーと素晴らしい対談をすることもできました。

韓国は他の国より早くまた違ったアプローチするためターゲットに入っていますが、初段階では他のアジアの国(日本)に焦点を当てたいと考えています。

中国も同じで、厳重な規制もあり、今は昔ほど活発に活動はしていません。

オフィスに30人もいないので、我々にとってこれらの国に拡大するのは早すぎる段階にあります。

アメリカに関して正直に言えば、あまり大きな動きはありません。

ニューヨークにあるPR会社と協力していますし可能性はもちろんありますが、日本ほど訪れるわけではありません。ヨーロッパやアジアのような大きな動きがないからです。

アジアツアーでLiskのリブランディングをお話しされていましたが、9月~11月で変わったこと、また今月から変わることがあれば教えてください。

リブランディングプロセスは同じです。リブランディングは複数の段階に分けられます。

まずどのようなフィーリングを伝えたいのかを考えます。つまりブランドそのものです。

次にコンセプトです。商品を通してどのようなユーザーエクスペリエンスを与えたいのか?どのようにユーザーと結びつけるか?その後にデザインをします。

デザインの後は、開発、試験、書き換え、改善の順です。現時点でコードを書き終えましたが、まだ時間が必要です。

ウォレットに一つでもバグがあってはいけないので、慎重にブラッシングをしています。このウォレットは普通よりすこし特別なウォレットになるでしょう。

それに加え、今まで行ったことないことに挑戦もしています。

なので当初予定していた12月より時間が必要になります

欠点のない本当に価値がある商品を提供するためです。今月22日にベルリンで行われるミートアップで日程が決まると思います。

みなさんが一番気にしているのは2018年以降のLiskの価格だと思います。Maxさんはこれに対してどのように感じているのか、教えてください。

まず価格以外の話をすると全てが上昇傾向にあると思います。

プラットフォームの機能性、ユーティリティ、特にユーザーです。

考えてみてください、固定数のコインに対して、ユーザーが増えると価額はどのように変動するでしょう。需要増加により、上がります。

正直どの程度のものかわかりません。半年後下落し、回復するかもしれません。

しかし長期的な視点でみると、ビットコインやLiskのような有望なプラットフォームの価額は上昇する一方でしょう。

これから2,3年後、ビットコインは5万ドルに値するでしょう。

もしそうでなければなにか問題がありますが。恐らくハックなど大きな問題がなければ、5万ドルに到達するでしょう。

この話題に対してはかなり話し合うのが好きなので、この私の予想に関してはかなりポジティブな見方をしています。

日本の投資家の皆様に最後に一言お願い致します。

日本のほとんどの仮想通貨熱狂者の皆さんはトレーダーでしょう。

私が伝えたいのは、そのプロジェクト自体を見る必要があるということです。

そのプロジェクトはいいチームなのか?いい開発チームがあるか?可能性や未来性はあるか?現段階では価額やお金に集中しすぎずに、技術やプロジェクトにフォーカスしたほうが良いと思います。

なぜなら、技術が良ければ将来たくさんのユーザーを招き、今の価額の千倍になる可能性もあるからです。

もしあなたが学生なら、あなた自身でなにか作り上げる事も可能でしょうし、そうでなければ仮想通貨市場に貢献することも可能でしょう。

私からのアドバイスですが、ビットコインでなければ絶対に投資を一つの通貨に絞らないでください。

投資を複数のコインに分配すれば、倒産のリスクを回避できるはずです。

理由もなく、ある通貨の価額が急落することは、不安定な市場では十分に起こりうることです。

投資を配分し、Liskに注目しててください。また日本に来た時にお会いしましょう。

CoinPostの考察

Liskアジアツアーを終えてからも多くの場所に足を運ぶMax氏と2度に渡り直接お会いすることができました。今回はお忙しい中お時間をいただき、プライベートで13分ほどインタビューをさせていただきました。

直接Max氏そしてLiskチームのみなさんの情熱を感じるインタビューとなりCoinPostとしても日本でより多くの情報が認知されるように情報を共有させていただきます。

合わせて読みたい記事はこちら

仮想通貨 リスク(LISK)とは|今後の将来性とおすすめ取引所
時価総額上位の人気仮想通貨「リスク(LSK)」の特徴と将来性について、投資初心者にもわかりやすく解説。さらに、リスク(LSK)のマイニング方法、安全に保管するためのウォレット、取り扱いのある仮想通貨取引所について、情報をまとめています。
仮想通貨リスク(Lisk)最新ニュースまとめ:価格変動に関する最新情報を随時更新
リスク(Lisk)に関するニュースのまとめ記事です。価格変動に関わってくる情報や今後のプロジェクトの予定等を随時更新していきます。
コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
02/08 水曜日
14:42
Lido、V2でETH出金機能など実装へ
リキッドステーキングの最大手プロトコルLido Financeは、次期アップグレード「Lido V2」の計画について発表した。仮想通貨イーサリアムの出金機能、及びネットワーク分散化に向けた重要な機能更新が予定される。
12:38
国際決済銀行、ステーブルコインの監視システムを開発
国際決済銀行のイノベーション・ハブ(IH)部門は2023年の優先課題を発表。今年の事業計画には、IHのロンドンセンターが立ち上げた、ステーブルコインの監視システムを開発する新たなプロジェクトも含まれている。
12:28
仮想通貨相場反発、サウジアラビア提携でSAND急騰
仮想通貨相場反発、サウジアラビア政府機関提携でSAND高騰
11:40
マイクロソフト、検索エンジン「Bing」にAI搭載
IT大手マイクロソフトは、検索エンジン「Bing」に米OpenAIの人工知能(AI)技術を搭載したことを発表した。AI駆動のチャットを通して、対話形式でインターネット検索を行えるようになった。
11:25
The Sandbox、サウジアラビアとメタバースで提携 SAND高騰
NFTゲームを提供するザ・サンドボックス(SAND)の共同創設者は、サウジアラビアのデジタル政府機関とメタバースの活用で提携していくと発表した。
10:25
DCG、グレースケール提供の投資信託を一部売却
仮想通貨コングロマリット企業のデジタルカレンシーグループは、子会社のグレースケールが提供する投資信託における自社の持ち分を一部売却し始めたことがわかった。最近の売却状況が明らかになっている。
09:40
トルコ大地震被災者に仮想通貨で寄付 バイナンスや現地の歌手など
仮想通貨取引所バイナンスは、トルコの大地震で被災したユーザーにバイナンスコインをエアドロップすると発表。トルコ現地の歌手や取引所も仮想通貨による寄付キャンペーンを立ち上げた。
08:00
イーサリアム、ステーキングの出金テストに成功
仮想通貨イーサリアムは、テストネットZhejiangでステーキングの出金処理に成功。これは、実施目標を来月に定めている次期アップグレード、Shanghaiに向けたテストである。
07:25
ダウ4日ぶり反発 パウエル議長「ディスインフレ」に再び言及|8日
本日のニューヨークダウやナスダックは4日ぶりに反発。米パウエル議長が7日のインタビューで「物価上昇鈍化のプロセスが始まった」との認識を改めて示したことが好感された模様。今回の発言を受けてドル売りで反応した。
02/07 火曜日
15:21
米著名VCのa16z、Uniswapの拡大戦略に反対
分散型取引所最大手UniswapのBNBチェーンへの拡大計画で、米著名VC「a16zCrypto」が反対票を投じたことがわかった。1,500万UNIの追加により、一時は反対票が66.9%を占める状況となった。
13:40
ジェネレーティブAIへのVC投資が22年に急増、3500億円超え
米データ分析企業「CB Insights」によると、2022年には画像から音声、ソフトウェアのコードなど、新たなコンテンツを生成する「ジェネレーティブAI」スタートアップへの投資が急増。110件の投資契約が結ばれ、約3,517億円の資金を調達した。
12:39
ビットコイン様子見ムード、株やアルト市場でAI関連銘柄の物色つづく
エコノミッククラブのパウエル講演が迫り株やビットコイン市場には警戒感が広がる。OpenAIの「ChatGPT」流行の影響で、アルト市場ではThe Graph(GRT)やSingularityNET(AGIX)などAI関連銘柄の物色つづく
11:50
グーグル、対話型AI言語モデル「Bard」をリリースへ
米グーグルは対話型AI(人工知能)言語モデル「Bard」の開発計画を公表した。Bardは近日中にもテスター向けにリリースされ、フィードバックを経て数週間以内の一般公開を予定している。
10:30
DCGとジェネシス、債務整理などで債権者グループと合意
仮想通貨コングロマリット企業DCGと子会社ジェネシスは、主要債権者グループと合意に達した。ジェネシスの事業売却や債務整理などを計画している。
09:30
Visa、ETHブロックチェーンでUSDCの大口決済を実験
Visaの仮想通貨部門のトップは「StarkWare Sessions」に登壇。同社がイーサリアムブロックチェーンで、ステーブルコインUSDCの大口決済をテストしていると語った。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア