【独占】Bakktのビットコイン先物、欧米の機関投資家ニーズに見通し 関係者が明かす最新状況

Bakkt BTC先物の見通し
BakktのBTC先物について、欧米では機関投資家のニーズが見えてきていることを関係者が明かした。日本市場はFATFの審査が出だしの遅さに影響が出ると見ている。

Bakkt BTC先物の最新状況

ビットコイン先物取引のローンチを発表したBakktに対する機関投資家の温度感は、欧米で一定のニーズが見えてきていると、関係者がCoinPostの取材で明かした。

欧米プレイヤー(機関)については、ローンチ予定が明かされたばかりであるため、具体的な数字こそ示せないが、すでに問い合わせがあり、ICEが提供するビットコイン先物のニーズは見えてきているという。

一方、日本市場に関していえば、10月28日~11月15日の3週間にわたって予定されるFATFの日本へのオンサイト審査(第4次対日相互審査)が控えていることで、先物需要の出だしは遅くなると見ていると明かした。

BakktはCFTCの「自己認証」プロセスを通じて現物決済ビットコイン先物取引を9月23日に開始することを発表している。

Bakktが関わるビットコイン先物取引は、ICE Futures U.S.で上場し、ICEのクリアリング機構が清算を行う。現物の受け渡しはカストディアンのライセンスを取得したBakktが担い、現物決済の先物取引を提供する。

関係者の説明によると、Bakktが携わるのは現物決済の先物であることから、通常の先物に関しては、ICE Futures U.S.のメンバーであるブローカーディーラーを通してUSDの入出金が行われる(他の先物と同様)。現物の受け渡しが必要な先物取引のみBakktを利用し、BTC現物の受け渡しが発生する。

現物を売る場合は、2日前までにBakktへのBTCの入金が必要になる。

なお、今後の展開を視野に入れるBakktは、カストディアンのライセンス以外にも複数のライセンスを取得し、スケールを目指しているという。現時点ではローンチを予定する先物に注力するが、今後もスケールしていく意向を伝えた。


画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

telegramテンプレ
▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら