CoinPostで今最も読まれています

bitbank:XRP取引量世界一を記録|国内で板取引がメジャーとなる時代へ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

bitbankがXRP取引量世界一に
bitbankは、販売所形式(運営元から手軽に売買可能だが代わりに通貨価格が高い)が主流な国内において、板取引(販売所形式よりも安い代わりに手間がかかる)で多くのアルトコインを安く手に入れることが出来る取引所として注目を集めています。
国内取引所の情勢が大きく変化
コインチェックでのハッキング事件後、多く国内の取引所に対しセキュリティなど求められる水準が高まり、bitbankも徐々に注目度を高めていきました。

bitbankが注目度を高める

国内取引所のbitbank(ビットバンク)が取引量を急増させ、1時間のXRP取引量で世界一を記録しました。

bitbankは、販売所形式(運営元から手軽に売買可能だが代わりに通貨価格が高い)が主流な国内において、板取引(販売所形式よりも安い代わりに手間がかかる)で多くのアルトコインを安く手に入れることが出来る取引所として注目を集めています。

特に現状、国内でXRPを板取引で入手可能なのはbitbankとQUOINEXのみとなっています。

仮想通貨取引所bitbankの特徴や手数料等を解説
bitbank(ビットバンク).ccとtradeの特徴や手数料、評判についての記事です。bitbank.ccは取引手数料がマイナス0.05%とお得で、bitbank Tradeは追証なしレバレッジ最大20倍のビットコインFXが利用出来ます。

アプリ版(iPhone/Android)もリリースし話題に

4月12日には、bitbankがiPhoneアプリをリリースしたことも話題になりました。

AppStoreファイナンスカテゴリ無料1位かつ全体無料9位も記録していることから、注目度の高さが伺えます。

CoinPostではbitbank iPhoneアプリの使い方解説記事を公開済みです。

bitbankのアプリの使い方
bitbank(ビットバンク)のアプリの使い方解説記事です。bitbankはリップル(XRP)やモナコインなど多くのアルトコインを板取引で売買可能で、手数料0%キャンペーン中である等の点から注目度を高め、取引量を急増させています。

コインチェック事件後の国内取引所情勢

国内取引所は、ビットコイン現物ではコインチェック、FXではbitFlyerやGMOコイン、アルトコインではZaifもしくは海外取引所、といった人が多数でした。

bitbankは取引量の観点からメジャー取引所にはなりきれていない印象でした。

そういった状況の中、コインチェックでのハッキング事件後、多く国内の取引所に対しセキュリティなど求められる水準が高まり、bitbankも徐々に注目度を高めていきました。

販売所形式が主流の中板取引が国内で伸びるか

販売所 取引所
特徴 販売元から仮想通貨を購入する 売り板を出している投資家から購入する
メリット ボラティリティ(価格の変動性)が激しい時など取引量の薄い板で注文が通りにくい時でも即購入可能 販売所よりも安く通貨を購入可能、また自分の望む価格(指値)で取引出来る
デメリット 実際の通貨価格よりも割高となる、指値で注文出来ない 購入までに時間がかかる、取引量の少ない取引所では大口が参入しにくい

国内では、運営元が手数料を多く得ることができる販売所形式が主流となっています。

仮想通貨から投資を始めた方も多いため、ユーザーにとって手軽でわかりやすい反面、実際の価格よりも高い値段で買うことに対し納得のいかない投資家も多数存在し、度々販売所のスプレッドの広さが話題となります。

しかし、bitbankやQUOINEXなど板取引を主とする取引所の取引量が増えることで、大口投資家が国内でも多数のアルトコインを板取引でストレスなく入手可能になるかもしれません。

板取引で重要なのはその取引所の取引量であるため、その取引所の知名度が向上することで大口投資家にとっても使いやすい取引所になると思われます。

また、bitbankの取り扱い通貨は以下の通りですが、大口投資家からの注目を集めることでこれらの通貨のJPY資本流入が増加する可能性もあります。

  1. ビットコイン BTC
  2. リップル XRP
  3. ライトコイン LTC
  4. イーサリアム ETH
  5. モナコイン MONA
  6. ビットコインキャッシュ BCH
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
13:55
トヨタ・ブロックチェーン・ラボ、スマートアカウント導入で車の使用権トークン化を検討
トヨタ・ブロックチェーン・ラボは、モビリティ(移動手段としての乗り物)をイーサリアム・ブロックチェーン上のスマートアカウントとして設計する構想を発表した。
11:30
日本デジタルアセットマーケッツ、アバランチと提携 RWAトークン発行・流通を推進へ
株式会社デジタルアセットマーケッツは、仮想通貨アバランチのAva Labsと合意書を締結。RWAトークン事業などで提携していく。
11:00
ETHの強気要因、元ウォール街トレーダー分析
イーサリアムが強気相場入りしたと判断する3つの理由を仮想通貨関連企業幹部が指摘。現物ETFのローンチなどを挙げ、2024年後半は明確な強気相場だと主張した。
09:20
ハリス氏陣営、マーク・キューバン氏に仮想通貨について問い合わせ
著名投資家マーク・キューバン氏は、カマラ・ハリス氏陣営から仮想通貨について質問を受けており、このことは良い兆候だと述べた。
08:30
各社のイーサリアム現物ETFのETH保有量明らかに
最も保有量の多いのは、グレースケールのETHEで、2,959,307 ETH(1.6兆円)の運用額だ。ETHEはこれまで運用されてきたイーサリアム投資信託から転換されたもので、23日にイーサリアムのミニ版ETFも同時にローンチした。
07:45
イーサリアム現物ETF、初日出来高1550億円超
23日に取引が開始された仮想通貨イーサリアムの現物ETFの合計出来高は1550億円超に。取引開始に米議員や仮想通貨業界が反応している。
07:15
「ビットコイン2024」のオーガナイザー、ハリス米副大統領の講演について交渉中
ハリス氏はすでに指名獲得に必要な過半数の代議員から支持を得ているが、仮想通貨へのスタンスは未だ表明していない。
06:50
ソラナ初のプライベート・クレジット・ファンド、米大手投資会社ハミルトン・レーンが立ち上げ
運用・監督資産143兆円超の米ハミルトン・レーンは23日、ソラナブロックチェーン上のプライベート・クレジット・ファンド「SCOPE」の立ち上げを発表した。
06:15
トランプ氏、ビットコイン否定派JPモルガンのダイモンCEOの財務長官指名を否定
トランプ氏は24日に、ビットコインに懐疑的なJPモルガンのジェイミー・ダイモンCEOや、ブラックロックのフィンクCEOの財務大臣指名の噂を否定した。
06:00
クラーケン、ビットコインをマウントゴックス債権者に返済開始 売圧警戒も
多くのビットコインが同時に売却される可能性が警戒され、仮想通貨BTCは23日深夜66,000ドル台を下回った。
07/23 火曜日
18:00
AILayerとは|AIとWeb3を融合するAI駆動のビットコインLayer 2ソリューション
AIとブロックチェーン技術を統合させた、ビットコインLayer 2ソリューション「AILayer」について、特徴やメリットなどを詳しく解説します。
17:40
ブラックロックのビットコインETF、ナスダックETF上回る年初来資金流入額4位に
ブラックロックのビットコイン現物ETF「iシェアーズ・ビットコイン・トラスト」は、ナスダックQQQを超える資金流入を記録。フィデリティも上位にランクイン。イーサリアムETFの発売も迫る中、投資家の関心が高まる。
15:28
ミームコインが4~6月の仮想通貨市場を席巻=CoinGecko
2024年第2四半期の仮想通貨市場でミームコインがWeb Trafficを席巻し、市場シェア14.3%を獲得。暗号資産(仮想通貨)市場におけるミームコインの注目度と、ビットコイン市場動向を詳しく解説。
14:15
時価総額が355兆円規模に、上半期の仮想通貨市場=バイナンスレポート
仮想通貨取引所大手バイナンス、2024年上半期の仮想通貨市場についてのレポートを発表。仮想通貨の時価総額は年初から37.3%増加し、355兆円の規模に拡大したと報告した。
13:20
トランプ氏が大統領再選の場合、ゲンスラーSEC委員長早期退任か=10x Research
10x Researchは、トランプ氏が大統領再選の場合、仮想通貨に批判的なゲンスラーSEC委員長は退任する可能性が高いと意見した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア