「米連邦政府も直接的に仮想通貨規制への体制を確立すべき」連邦預金保険公社 前会長

連邦預金保険公社の前会長が、連邦政府の公式な規制を求める
米国連邦預金保険公社の前会長Sheila Bair氏は、連邦政府の公式な規制体制を確立すべきと述べた。米国議会はマーケティング、トレーディング、販売の統制に踏み込まねばならず、規制体制の確立にあたっては、金の規制ケースが参考となるほか、証券など複数を組みあせた枝分かれ式の規制体制となるだろうと説明した。

米国連邦預金保険公社の前会長「連邦政府の公式な規制体制を確立すべき」

米国連邦預金保険公社の前会長であるSheila Bair氏(以下Bair氏)は、 9/20にニューヨークで開催されたYahoo All-Markets Summitにて、 仮想通貨の統制に向けて、連邦政府の公式な規制体制を確立すべき時が来たと述べました。

ブロックチェーン・スタートアップPaxosの役員でもあるBair氏は、 米国議会は、仮想通貨業界の拡大や価格操作・欺瞞の潜在を鑑み、 マーケティング、トレーディング、販売の統制に踏み込まねばならないと主張しました。

Bair氏は、仮想通貨とブロックチェーン技術の区別をつけるのが重要と語ります。

「(仮想通貨業界は)無駄騒ぎが多過ぎますね。だからこそ連邦政府の規制体制があれば助けになるだろうと思います。 アメリカ証券取引委員会(SEC)や商品先物取引委員会(CFTC)はよく働いてくれていますが、 米国議会も仮想通貨のマーケティング、トレーディング、販売の規制体制に踏み込む必要があるのではないでしょうか。」

金の規制を参考に、枝分かれ形式の規制システムを組め

規制体制はどのようなものであるべきかとインタビュアーに問われたBair氏は、 金の規制に使われたようなものが選択肢の一つとなるかもしれないと答えました。

「例えばビットコインであれば、一番近い性質を持つのは金ではないかと思っており、コモディティに対応した規制体制が上手く働くかもしれません。 ICO(Initial Coin Offering)は明らかに資金集めの手段ですから、経済的には証券(セキュリティ)と等しいものです。 これらを踏まえると、枝分かれしたような規制システムが必要になるでしょう。」

Bair氏は、マネーロンダリングなど、仮想通貨の反社会的利用を阻止するための防止策は幾つかあるものの、 更に規制を強化せねばならないと続けます。

「過密な仮想通貨市場に必要なのは、強固に市場操作を規制できる統制された取引環境です。」

「重要なのは、連邦政府による規制体制を設置させることだと思います。」

今ある規制は、四角い穴に円い釘を打っているようなもの

仮想通貨のエコシステムがいかに急速発展しているかを踏まえると、 現時点で規定されているどのルールも適切ではないとBair氏は言います。

「今現在ある規制の多くは…少しでも規制できているとすればですが…、送金手段として規制されています。 四角い穴に円い釘を無理やり捻じ込んでいるようなものです。」

CoinPostの関連記事

米SECの仮想通貨締め付けを痛烈批判、『クリプト・ママ』が考える規制当局のあり方とは
アメリカSECのコミッショナーの1人で、仮想通貨界隈から「クリプト・ママ」と呼ばれるHester Peirce氏が米国のカンファレンスに登壇。新技術の過度な規制でイノベーションを妨げるべきではないと呼びかけた。
「仮想通貨及び先物取引の規制には『害のない』アプローチを」米国CFTC委員長が語る
米国CFTCのジャンカルロ委員長が9月14日、CNBCのインタビューにて、仮想通貨を含む商品先物取引について、商品を損ねない形(「害のない」アプローチ)で規制を実施することの重要性を強調した。英国FCAが最近下した先物契約の認可を念頭に置いたものと見られる。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

▶️本日の速報をチェック
お問い合わせ 広告掲載はこちら