CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨取引所 bitFlyer(ビットフライヤー)とは

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

bitFlyer(ビットフライヤー)は、日本にある仮想通貨の取引所です。

2014年1月に設立され、現在は日本最大級の取引所となっています。

「bitFlyerとは」に関する要約

取引量が日本一
多くの売買の注文があるため売りと買いのスプレッドが狭く成約しやすい
信用取引でレバレッジが最大15倍
信用取引をビットコインで行うことができる「bitFlyerLightning」を提供しています。 最大15倍までのレバレッジができるビットフライヤーは、原資が少なくても大きな利益を生むことができます
ビットコイン決済が利用できる
「bitWire」を使うとビットコインを利用した決済を利用できます。サイト運営者などが決済システムとして導入することもできます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の概要

公式ページ bitFlyer公式ホームページ
会社名 株式会社bitFlyer
設立 2014年1月9日
資本金 41億238万円(資本準備金含)
代表取締役 加納裕三
取締役CTO 小宮山峰史
本社所在地 東京都港区赤坂3-5-5 ストロング赤坂ビル8階

運営しているのは、「株式会社bitFlyer」で、2014年1月9日に代表取締役の加納裕三氏によって設立されました。

ビットフライヤーには多くの大手企業、例えば「リクルート、電通デジタルホールディングス、三菱UFJキャピタル、GMO、SBIインベストメント」などが出資しています。大手企業も将来性を見込んで投資しているので、将来性は十分にあると考えられます。現に、ビットコインの取引量は日本で1番多く、利用者からの信頼も高いです。

また、発足当初から資本金をしっかり確保していたため、設備や、セキュリティの面でも安心して利用できるのが要因だと思います。

取扱い仮想通貨

  1. ビットコイン BTC
  2. イーサリアム ETH
  3. ライトコイン LTC
  4. モナコイン MONA
  5. ビットコインキャッシュ BCH
  6. イーサリアムクラシック ETC
  7. リスク LSK

アカウントの作り方

アカウント作成については別記事で解説しています。詳しくはこちら↓

ビットフライヤー(bitFlyer)登録/口座開設の方法
ビットフライヤー(bitFlyer)の登録、口座開設の方法についての解説記事です。二段階認証やアカウントクラスについても紹介します。

ビットフライヤーのアカウントは簡単につくることができます。というのも以下のアカウントをつかってログインすることができるからです。

  • Facebook
  • Yahoo! ID
  • Google
アカウント作成はこちら

アカウントのクラス

ただしアカウントには2種類のクラスがあり、

  • ウォレットクラス
  • トレードクラス

があります。

「Google」などのアカウントを登録したたけでは、ウォレットクラスとなり、利用できるサービス二制限があります。トレードクラスにアップグレードすることで、利用できるサービスの制限が無くなります。

トレードクラスにアップグレードするには、

  • 本人情報のご登録
  • 本人確認資料の提出
  • 取引目的の確認
  • 書留郵便の受取

これら全てを完了したら利用できるようになります。

クラス ウォレット トレード
仮想通貨の預入/送付
仮想通貨購入/ご売却 ×
日本円の入出金
Lightning Futures
Lightning 現物 ×
Lightning FX ×
bitWire/ビットコイン決済
利用制限 最大仮想通貨送付/決済額10万円 制限なし

手数料について

アカウント維持 無料
ビットコイン売買 取引所 0.01%〜0.15%
Lightning
販売所 しばらく無料
アルトコイン売買 Lightning 0.2%
販売所 しばらく無料
ビットコイン送付手数料※bitWire を除く 0.0005BTC
bitWire 利用手数料 無料
ビットコイン販売/買取単位 0.00000001BTC(=1satoshi)

ビットフライヤー手数料一覧ページはこちら

販売所で購入するときにかかる手数料は、現状では無料でビットコインもイーサリアムもライトコインも購入することができます。これは期間限定で行われているもので、公式サイトには「終了の2週間前には告知します」とあるので手数料無料で購入できる今のうちに買っておいた方がお得です。

bitFlyer提携の「じぶん銀行」を予め登録すれば、リアルタイム入出金サービスでいつでも即座に取引・出金が可能になります。

※じぶん銀行とは、KDDIと三菱URFJ銀行が共同出資のインターネットバンクです。

▶️ じぶん銀行の詳細

ビットフライヤーの特徴

ビットフライヤーのビットコインの取引量は日本一です。また、ビットコインの決済システムを利用できる取引所となっています。

また、レバレッジも他の日本の取引所よりも多くかけることができたり、補償制度があったりと優位点が多くあります。

bitWire SHOP

「bitWire SHOP」はビットコインを利用した決済を導入するためのサービスです。家電販売のビックカメラが導入した決済システムもこのbitWireです。

実店舗でもECサイトでも導入することが可能です。クレジットカードを導入するよりも手数料が安いので導入するお店も今後増えてくることが見込まれます。

ビットコインを送金する時には、送金手数料がかかりますが、bitWireで決済する場合には手数料はかかりません。

利用者側がビットコイン決済で余計な手数料などを払うことはなく、「購入代金+税金」以外に支払うことはありません。

ビットコイン決済で支払ったコインは、最短で翌日に振り込まれます。ビットコインの価格変動リスクを回避するために、ビットコインを受け取ると同時に自動で売却する設定を利用すればビットコインでの売上を円で確定することができるので安心して利用できます。

ビットフライヤーライトニング(BitFlyer Lightning)

「bitFlyer Lightning」は簡単にいえばビットフライヤーが運営している先物取引所のことです。

ビットコインの通常取引とは別に、「信用取引」と「FX」、「先物取引」、イーサリアムの現物の取引が行えます。現物取引では日本円でビットコインを買うこともできれば、持っているビットコインを売って、円に替えることもできます。

ビットコインのFXでは、証拠金の最大15倍のレバレッジまでを効かせて取引することができます。

チャートもFXに精通した人でも見やすいようになっています。

保証がある

2016年5月に香港の「Gatecoin」から2億円相当のBTCとETHが盗まれ、8月には「Bitfinex」から60億円相当のBTCが盗まれたといったニュースがまだまだあります。そのためにセキュリティを万全にするのはもちろんですが、万が一に備えた保証があると安心できます。

ビットフライヤーでは、三井住友海上と共同で開発した保険に加入しており、外的な要因(ハッキング)による損失の場合には、補償してもらえる可能性があります。

三井住友海上の保険概要

アプリがある

android端末でもiOSでも利用できます。取引所でビットコインの売買ができ、販売所ではビットコインとイーサリアムの購入売却ができます。ライトコインの対応はまだありませんが、他にも送金や受取をすることができます。

ウォレットはマルチシグネチャに対応しており、セキュリティが高いことも評価できる点です。

「マルチシグネチャ」とは、秘密鍵が一つではなく、複数に分割されていて、アクセスするためには一定数以上の鍵を合わせる必要があることを言います。

また、マルチシグに対応しているアドレスは、「3」から始まります。ビットコインアドレスの中で「3」から始まるアドレスはマルチシグ対応のアドレスということになります。

アルトコインの取扱いがまだ少ないため、チャートを見比べたりするのには向いていませんが、取引も販売所も利用可能でアプリは随時アップデートされているので取引所のアプリとしては優秀です。

まとめ

日本で一番ビットコインの取引量が多いので、取引所としての規模、補償などがあり、安心して利用することができます。

また、取引所で取引するためには、トレードクラスである必要があるため本人確認書類を登録して取引をまず少額から取引をしてみましょう。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
11/30 水曜日
15:36
オフィシャルライセンス許諾の『トレサカ Jリーグ(β版)』配信開始
Jリーグのオフィシャルライセンス許諾を得た『トレサカ Jリーグ(β版)』が配信された。開発はオルトプラスとプレイシンク。パブリッシングはアクセルマークが担う
14:00
TBD、分散化されたWeb5の基本指針を打ち出す
ブロック(旧スクエア社)の仮想通貨部門TBDは分散化と個人のアイデンティティを重視したWeb5の基本指針を発表。より分散化されたインターネットの概念と今後の連携を呼びかけた。
13:03
FTX前CEO、破産申請や暗号資産ハッキング事件について受け答えに応じる
大手仮想通貨取引所FTXの前CEOサム・バンクマン=フリード氏がインタビューに応じ、ハッキング被害による不正流出被害やバハマ当局への対応、FTXシステムの「バックドア」疑惑などについて語った。
12:52
担保付資産(wBTC、wETH)のティペッグ騒動相次ぐ
仮想通貨ビットコインを担保に発行する「ラップドビットコイン(wBTC)」について、1:1のペグを外れて1.5%ほどマイナスに乖離する「ディペッグ」が発生した。その背景について探る。
12:05
BTC17000ドル台に反発、アルトは前日比7.7%高のETH主導
FTX破綻で警戒感燻る暗号資産(仮想通貨)市場では、上値抵抗線を抜けてビットコインが反発。悪材料で売り込まれていたイーサリアムも強めに反発した。
11:22
米議員、複数の仮想通貨取引所に書簡
米国のRon Wyden上院議員は、バイナンスやコインベースなど6つの大手仮想通貨取引所に宛てて書簡を提出した。FTXの破綻を受けて消費者保護について問い合わせる内容だ。
10:30
ウクライナ中銀 CBDCの構想案を公開
ウクライナの中央銀行は、同国の中央銀行デジタル通貨についての構想案を提示した。機能の一つとして、ビットコインなど仮想通貨の流通を支援することを挙げている。
09:30
米政治家、FTX前CEOからの1億円超の寄付を返金
米テキサス州の知事選に出馬したベト・オルーク候補は、仮想通貨取引所FTXのサム・バンクマン=フリード前CEOから受領した寄付を返金していた。寄付の金額は1億円超である。
08:45
Phantom、イーサリアムとポリゴンに対応へ
ソラナの主要ウォレットPhantomは29日、イーサリアムとポリゴンブロックチェーンに対応することを発表した。
08:15
OpenSea、BNBチェーンのNFTに対応開始
NFT電子市場大手OpenSeaは新たにBNBチェーンのNFTに対応し始めた。
07:40
コインベースウォレット、BCHやXRPの対応停止へ
仮想通貨ウォレット「コインベースウォレット」は複数銘柄の対応停止予定を発表した。
07:20
Huobi、ドミニカ国やトロンと提携
仮想通貨取引所Huobi Globalは、ドミニカ国、トロン(TRX)、DMC Labsとの提携を発表。国家トークン「ドミニカコイン」やDIDの発行を共同で行う。
06:55
30日朝|NYダウ横ばい 中国のコロナデモが沈静化へ
中国のコロナデモ沈静化を受けて中国の株価指数が29日に反発。米国では明日のパウエル米FRB議長の講演を控えている。
11/29 火曜日
16:27
コインチェック、NOT A HOTEL会員権NFTの取扱い開始
国内仮想通貨取引所コインチェックのNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」は、NOT A HOTELの会員権に紐づくNFTの第二期販売について、先行して取り扱うことを発表した。
16:13
「熊手」とNFTを融合、XYZAの新プロジェクト
高品質なNFTデジタルアートを販売する「XYZA」を手掛けるFRMは、日本の伝統文化「熊手」とNFTを掛け合わせた新プロジェクトを発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧