香港上場の中国企業、ビットコインとイーサリアムを購入──約43億円相当

中国系企業の初購入事例

香港証券取引所に上場する中国企業「Meitu(美図)」が財務資産を利用し、暗号資産(仮想通貨)ビットコインとイーサリアムを購入したことを発表した。

Meituは主に、スマホやパソコン用の画像や動画の編集・加工アプリなどのサービスを提供する会社で、時価総額は117.88億香港ドル(約1,640億円)に及ぶ。

公式発表によると、3月5日に実施した購入で、ビットコイン(BTC)を1,790万米ドル、イーサリアム(ETH)を2,210万米ドルで購入。購入した仮想通貨の数量は、約379 BTCと15,000 ETHとなり、ETHが上場企業(非仮想通貨関連企業)の財務資産として組み入れられた最初の事例となった。

また、今回の購入は取締会が承認した投資計画の一環。仮想通貨への投資は現金額1億米ドル未満との条件が設けられている。発表では、「Meituグループ」が「Meitu,Inc.」という上場企業および中国国外の登録企業を含めているが、購入に使用された現金資産は、Meitu,Inc.が保有するものだったと説明されている。

Meituによるビットコイン・イーサリアムの購入は、中国登記の上場企業(香港を含む)が初めて発表した購入事例として、投資家から注目を集めている。特に、香港の上場企業でありながらも、本社が中国(メインランド)に所在(登記:ケイマン)することで、中国政府の仮想通貨取引禁止政策がどのように影響するか、今後の注目事例となりそうだ。

CEOが仮想通貨投資家

MeituのWensheng Cai CEOは仮想通貨投資家としても知られている。2018年の中国メディアインタビューで、個人として将来1万BTCを持つことを目指しており、すでにビットコインを所有していることを明かしている。そのほか、ThetaやOntologyなど複数のプロジェクトにも投資していることに言及した。

Cai氏は中華系大手仮想通貨取引所OKExの投資家でもあるが、2018年にローンチした独自の仮想通貨BECで、スマートコントラクトの脆弱性を利用されハッキング事件が発生し、価値が急落した過去もある。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します