CoinPostで今最も読まれています

バイナンス、2ヵ国でライセンスを取得

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

カナダとバーレーンで認可

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは27日、カナダとバーレーンで規制当局からライセンスを取得したことを発表した。

カナダ金融取引報告分析センター(FINTRAC)への申請書によると、バイナンスのカナダ法人は「Binance Canada Capital Markets(バイナンスカナダ資本市場)」という名前で、外国為替取引、送金、仮想通貨事業を行う見込みだ。

カナダ法人の登録日は、2021年12月1日で、ライセンスの有効期限は2024年12月31日までとなっている。

バイナンスとは

取扱銘柄や取引高、登録者数が非常に多い世界最大手の仮想通貨取引所を運営。元々は香港に本社を置いていた。取引所の運営以外にも、学習コンテンツの作成、独自ブロックチェーンの開発、NFT(非代替性トークン)マーケットプレイスの運営なども行なっている。

▶️仮想通貨用語集

また、サウジアラビアの東にあるペルシャ湾の島国バーレーンでも、中央銀行からライセンスを取得した。まだ完全な承認ではなく「原則的な承認」という形式であるため、これからさらに申請手続きを進め、完全に規制適合することを目指すという。

バーレーン中央銀行は、中東・北アフリカ(MENA)地域においてバイナンスの事業に原則的な承認を与えた最初の規制当局となった。

関連バイナンス、アバランチ系銘柄の新規上場を発表

規制対応を進めるバイナンス

2021年、バイナンスは世界各国の規制当局から、免許を取得せずに運営を行っているなどとして警告を受けた。このため地域ごとの規制準拠を進めると共に、いずれかの国に本社を構える姿勢も見せている。

関連仮想通貨取引所バイナンス 各国政府の警告・金融機関のサービス停止事例まとめ

一方、25日には、トルコ版バイナンスが、現地の金融犯罪調査委員会(MASAK)より、監査で見つかった違反について、800万リラ(約7,900万円)の罰金を科されたと報じられた。どのような違反であったのか詳細は伝えられていない。

CZ氏の見解

バイナンスCEOのCZ氏は24日、「バイナンスの公式見解ではない」としつつも、公式サイトのブログ記事で規制について語り、積極的に規制を遵守していく姿勢を示している。

取引所にとっても、規制対応は事業によい効果を及ぼすという。大半のユーザーは、住んでいる国や地域にオフィスを構える取引所を利用することを希望するため、ユーザー獲得のためにも現地のライセンス取得は役立つとしている。

CZ氏は規制にはマイナス面もあるが、適切に行われた場合は業界を成長させるとして、次のように述べた。

規制にはデメリットもある。ほとんどの規制は、短期的に、仮想通貨をめぐる活動がある程度制限されることを意味しており、ユーザーにとっては不便で、企業には悪影響を及ぼす。過剰な規制は、その地域の仮想通貨産業を衰退させ、市場はフィンテックの進化に乗り遅れることになる。しかし、適切に規制が行われれば、業界の成長を遅らせるよりも、速めることが可能だ。

また、現在は中央集権型取引所が規制対象とされることが多いが、仮想通貨セクターはDeFi(分散型金融)にも広がっていることに言及。当局と協力して、消費者を保護しながら、イノベーションも起こせるような規制環境を実現したいとの姿勢を示した。

コメントしてBTCを貰おう
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
12/03 土曜日
08:10
米コインベース、3銘柄を上場候補に
米国の大手仮想通貨取引所コインベースは3日、上場候補のロードマップに3銘柄を追加した。
07:30
バイナンスラボ、Ambit Financeに6億円出資
バイナンスラボは、Ambit Financeに最大6億円の戦略的投資を行ったことを発表。BNBチェーン上のDeFi領域を発展させ、BUSDなどの仮想通貨の実用性向上を目指す。
07:12
3日朝|ArbitrumのDeFi銘柄が続伸
今日のニューヨークダウ平均横ばいで仮想通貨・ブロックチェーン関連株は全面高。昨夜発表の11月の米雇用統計結果などの指標はFRBの利上げの効果を示さなかった。
12/02 金曜日
15:56
三菱UFJ信託銀行ら、ステーブルコインの実証検証へ
三菱UFJ信託銀行株式会社は、同社が主催する「デジタルアセット共創コンソーシアム(DCC)」に、「パーミッションレス型ステーブルコイン・ワーキンググループ」を設置したことを発表した。
15:07
チェーンリンク(LINK)、ステーキング実装へ
分散型オラクルネットワークのチェーンリンクについて、待望のステーキング機能が12月6日に実装されることが明らかになった。仮想通貨LINKの価格は過去2週間で22%上昇している。
14:00
FTX破綻問題巡る公聴会 米CFTC委員長が証言
FTXの破綻に関する公聴会が米上院農業委員会で開催され、商品先物取引委員会のロスティン・ベーナム委員長が証言を行った。ベーナム氏は包括的な規制権限をCFTCに付与するよう議会に求めた。
12:54
BNB代替資産が無限発行か、Ankrプロトコルへの侵害で
仮想通貨BNBを担保に発行する「ラップドBNB」が、ほとんど無限に発行されて、売却される事態が起きた。AnkrProtocolがプロトコル侵害のターゲットとされた模様。
12:45
ビットバンク、国内初のAXS取り扱いへ
国内仮想通貨取引所ビットバンクはNFTゲーム銘柄「アクシーインフィニティ」(AXS)の取り扱い開始を発表。国内では初の上場事例となる。
12:14
BTC17000ドル前後推移、バイナンスIEO上場のHOOKに関心集まる
暗号資産(仮想通貨)相場はやや反落。バイナンスローンチパッドで上場したHooked Protocol(HOOK)が、プレセール価格から20倍以上高騰して
11:55
イタリア、2023年から仮想通貨への課税強化か
イタリア政府は、2023年よりビットコインなど仮想通貨取引で得た利益について課税強化する予算案を公開した。同時に、条件付きの減税措置も提案している。
11:10
Magic Eden、ロイヤリティ保護標準をリリース
ソラナ(SOL)基盤のNFT電子市場大手Magic Edenは、NFTコレクションのクリエイター手数料をプロトコルレベルで保護する規格「Open Creator Protocol」を発表した。
09:45
露Sber銀、独自ブロックチェーンでメタマスクを利用へ
ロシア貯蓄銀行(Sberbank)は、同社のブロックチェーンプラットフォームでイーサリアム系の仮想通貨ウォレット「メタマスク」を使用できるようにすると発表した。
09:20
FTX JP「顧客資産は米破産法の対象外」
仮想通貨取引所FTX Japanは、サービス復旧に向けた取り組みを発表。日本の顧客資産は、米チャプターイレブンの対象にはならないとの見解が示されたと説明している。
08:25
決済サービスStripe、Magic EdenやArgentなどに対応
米Stripe社は2日、16のイーサリアムとソラナdAppsやマーケットプレイスに対応し、法定通貨から仮想通貨のアクセスルートを提供することを発表した。
08:00
米CME、AAVEなどDeFi銘柄の指標を公開へ
米大手デリバティブ取引所CMEは1日、CRVなどの3つのDeFi銘柄の指数を新たに提供する予定を発表した。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2022/10/14 ~ 2022/12/31
東京 東京都渋谷区宇田川町
2022/12/06 13:30 ~ 15:00
その他 京都市下京区中堂寺南町/オンライン
重要指標
一覧
新着指標
一覧