カルダノ基盤のプロジェクト、PaviaとSundaeSwapがローンチ

2つのプロジェクトがローンチ

カルダノブロックチェーン基盤の2つのプロジェクトは先日、ローンチすることを発表した。

1つ目がカルダノ初のメタバース(仮想現実)プロジェクトPavia.ioで、15日にローンチ。2つ目は分散型金融プラットフォームSundaeSwap、20日にローンする予定だ。

Pavia.io

Paviaはイーサリアム基盤の「ザ・サンドボックス(SAND)」や「ディセントラランド(MANA)」のようなメタバースで、ユーザーがアバターを通して仮想空間にいることができる。

また、Paviaではランド(土地)も発売されている。計10万区画のランドがNFTとして発行されて、2021年11月にはすでに60%の区画が購入され、残りは2022年1Qに売られる予定だ。

また、Paviaは独自のトークン「PAVIA」も発行しており、ランド保有者に2021年12月に実施したスナップショットに応じて発行数の25%を無料配布する。

現時点では、Paviaはベータ版にあり、保有するランドを利用することはまだ不可能だという。

出典:Pavia.io

SundaeSwap

SundaeSwapというカルダノ基盤のDeFiプロジェクトは1月20日に完全に稼働するベータ版としてローンチする予定だ。SundaeSwapは分散型取引所およびイールドファーミング流動性マイニング)の機能も備えている。

18日より流動性プールのセットアップが可能になり、1月25日から初のISO報酬が計算されることになる。ISOとは、「イニシャル・ステイク・プール・オファーリング」のことで、SUNDAEトークン放出のメカニズムだ。

また、20日よりSUNDAEのイールドファーミングを開始。ファーミングができるのは、SUNDAE/ADA、LQ/ADA、WMT/ADA、CARDS/ADAの4つのプールだ。

カルダノのエコシステムには、RavendexやArdanaといったDEXも存在する。

流動性マイニングとは

イールドファーミングを行う人達を惹き付けるため、流動性提供の対価として利息の他にガバナンストークンが付与されることを指す。

▶️仮想通貨用語集

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します