人々がビットコインについて誤解していること

ビットコインの元々のコンセプト
投資銀行大手出身のWernick氏は、ビットコインは元々「People’s money」を初期のコンセプトにして台頭した通貨であると主張、支払い手段ではなく、”価値の保存”に重きを置いたものであると説明すべきだと言及した。
生き残ってきたビットコイン
ビットコインは、2009年に発行されてから、多くの政府から敵対視されてきたのにも関わらず、どの通貨と比較しても最良のパフォーマンスを上げてきたと主張し、今後も伸びていくと予想した。
スマホアプリで移動時も簡単取引
交換業者 通貨 特徴
スマートフォンで急激な価格変動時も即座に取引可能。
BTCFXに定評、下落相場も利益を狙える。
全ペア取引手数料0%キャンペーン実施中。
アルトコインのレバレッジ取引で最多通貨ペア(14種類)。
ETH,XRPの板取引も対応。BTC取引高No.2

ビットコインへの誤解

先日7月27日に、個人投資家のJeffrey Wernick氏がBusiness Insiderのインタビューに応じ、彼自身がビットコインに持つ個人的な見解を共有しました。

Wernick氏は、投資銀行大手のソロモン・ブラザーズ、National Bank of Detroitにてキャリアを積み、Airbnbや、Uberなどに初期の頃から出資した経験を持ち、AVI Portofolio Service Companyというリスク管理企業を創業し、売却した経験も持っています。

彼は、ビットコインを発行年の2009年から所持する生粋のビットコイン支持者であり、現在ではデータ管理に焦点を当てたブロックチェーン企業であるDataWallet社および、ブロックチェーンスタートアップのQtum社の顧問役員を務めており、今回のインタビューで、多くの人々がビットコインを始めとする仮想通貨に対して、誤解を抱いていると主張しました。

ビットコインの元々のコンセプト

彼は、以下のように語りました。

「人々が、(ビットコインを)適切に理解することができなく、誤解してしまうのには理由がある。

その理由として、多くの人々が仮想通貨、または、ビットコインを”支払いの手段”として説明しており、”価値の保存”として説明していないことが挙げられる。」

現在仮想通貨を語るほとんどの人々は、2009年、または2010年という比較的初期に参入した人々ではないため、ビットコインよりもブロックチェーン技術について多く語る傾向にあり、適切に伝えることができていないと不満を明らかにしました。

彼は、ビットコインが過去に多くの人々を引き込み、魅了した原点にあるのは「人々のお金(People’s money)」という初期のコンセプトであると語り、現在の人々は、そのコンセプトを蔑ろにしていると言及しました。

生き残ってきたビットコイン

次にWernick氏は、インタビューの中で、2009年の発行当初から、ビットコインは多くの政府から反感を受け、敵対されてきたにもかかわらず、どのような通貨と比較しても最良のパフォーマンスを上げ続けてきたことに対して、以下のように称賛しました。

「(ビットコインは)追い風を受けたことはなく、向かい風を受け続けてきた中で、このような成長を遂げてきた。」

「今後5年間で、他のあらゆる投資よりも大きなリターンをもたらすだろう。」

「典型的な中流階級の人が、富を築くにはどうしたら良いのか。その答えは、資産の数パーセントを仮想通貨に投じることだ。」

「今日、明日などの短期的な価格に左右されるべきではない。」

しかし一方で、この予想は、間違っている可能性もあることから、その投じる資金は、失っても構わない額で投資を行うことを推奨しています。

最後に彼は、以下のように語り、仮想通貨の広い普及と安定を示唆しました。

最終的に、仮想通貨が広く普及すれば、取引の手段としても使用されるようになる。

そうなれば、その価格のボラティリティは収束し、安定するだろう。

CoinPost関連記事

アップル共同創業者:ブロックチェーンは次のIT革命、ビットコインは法定通貨より価値の保存性で優秀
アップル共同創設者のSteve Wozniak(スティーブ・ウォズニアック)氏はブロックチェーン技術を次のIT革命だと期待を寄せています。また、ビットコインに対しても価値の保存性という面で法定通貨より優れていると評価しました。

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用