CoinPostで今最も読まれています

人気シリーズ最新作「GTA6」、仮想通貨導入の噂が再浮上 開発企業の公式見解はなし

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

GTA 6の噂

大手ゲームスタジオRockstar Gamesが手がける人気ゲームの新作、『Grand Theft Auto 6』に暗号資産(仮想通貨)が導入されるのではないか」との噂が最近再燃している。

GTAシリーズは世界的人気を博すオープンワールド型のクライム・アクションゲーム。前作「GTA5」は22年2月時点で、累計販売本数が1億6,000万本以上に達する大ヒット作品だ。

Forbes Indiaの記事が27日に伝えた内容によれば、『Grand Theft Auto』シリーズの次回作となる『GTA 6』には仮想通貨による報酬システムが導入される可能性があるという。このゲームの公開は、早ければ2023年、遅くとも2024年になる見込みと伝えている。

しかしながら、こうした噂の真偽を裏付ける証拠は現時点では存在していない。Forbes Indiaが引用した情報源は仮想通貨関連のTwitterアカウントであり、その確度は不明だ。その情報源が引用したのは、昨年6月26日のWatcher.Guruのツイートで、ここでは「GTA 6のリーク情報によると、物語はコロンビアやマイアミを舞台に展開し、プレイヤーが獲得し、取引できる仮想通貨の報酬がゲーム内に導入されるだろう」と伝えている。

Twitterユーザーは、「コミュニティノート」をForbes Indiaの記事に関連するツイートに追加し、Rockstar Gamesや『GTA 6』に関わる人々がこの噂を一切確認していないことを明記した。「コミュニティノート」はTwitterが誤情報を防ぐために導入した機能で、ユーザーが不明確なツイートに対して情報を追加することができる。

関連:人気シリーズ最新作「GTA6」、仮想通貨関連要素を導入か=報道

開発会社の動向

この仮想通貨導入の噂自体は、もともと2021年に初めて浮上し、昨年再び広まった。Take-Two InteractiveのCEOであるStrauss Zelnick氏は、22年1月に同社がWeb3の機会を模索していることを明らかにした。このコメントは、同社がモバイル/カジュアルゲームスタジオのZyngaを127億ドル(約1兆4653億円)で買収した際になされたものだ。ただし、それ以降に具体的な計画や戦略については何も明らかにされていない。

一方で、Take-Twoの子会社であるRockstar Gamesは昨年11月、『Grand Theft Auto V』のファン運営サーバーでNFTと仮想通貨の利用を著作権の管理の観点から禁じたと発表した。これらのファン運営サーバーでは、ファンが作成したPCゲームの改造版が利用されており、通常のプレイでは試用できないような機能を利用することができた。例えば、『Grand Theft Auto V』のサーバーでは、特別な車や武器をNFT資産として提供していたという。

仮想通貨愛好家たちは『GTA』のオリジナルの仮想通貨の導入を強く望んでいるが、現在のところ、これらの主張を裏付ける具体的な証拠は一切存在していない。Rockstar GamesやTake-Two Interactiveから公式な発表がなされるまで、『GTA 6』に仮想通貨やNFTが導入されるという情報はあくまで不確定的なものである。

このような情報が増えることで、詐欺的なトークンやNFT販売の情報が飛び交う可能性があるため、ユーザーは情報を鵜呑みにするのではなく、確認と検証を行うことが非常に重要となる。出所がはっきりしない情報や信憑性の低い情報については、特に警戒して取り扱うことが賢明だ。

関連:Keyp、ゲームボーイをハードウェアウォレット化する「Game Wallet」を発表

Web3とは

現状の中央集権体制のウェブをWeb2.0と定義し、ブロックチェーン等を用いて非中央集権型のネットワークを実現する試みを指す。代表的な特徴は、仮想通貨ウォレットを利用したdAppsへのアクセスなど、ブロックチェーンをはじめとする分散型ネットワークのユースケースがある。

▶️仮想通貨用語集

『早割』終了まで
0
0時間
0
0
さらに!! CoinPost読者限定割引コード提供中!
クリックしてコードをコピー
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
07/12 金曜日
18:00
ドージコインの価格動向と将来性 イーロン・マスクとの関係や決済機能の近況
主要なミームコイン、暗号資産(仮想通貨)ドージコインの価格予想、将来性、リスク、企業決済導入の動きについて解説。イーロン・マスク氏との関係やXでの決済導入にも注目。
17:30
JPモルガンのビットコイン市場予測 8月に反発か
JPモルガンは、仮想通貨ビットコインの生産コストや金価格を考慮し、市場全体への資金流入予測を120億ドルから80億ドルに引き下げた。ビットコインの大量売却が7月中に緩和し、8月以降の市場反発が期待される。
13:45
米連邦地裁、コインベースによるゲンスラーSEC委員長のメール開示請求を批判
米連邦地裁のファイラ判事は、米大手取引所コインベースが証券取引委員会に対する訴訟で、ゲンスラー委員長の私的通信の開示を求める申し立てを行ったことについて強い懸念を示した。
12:33
米CPIポジティブでビットコイン上昇も、買い続かず
暗号資産(仮想通貨)相場ではCPI(米消費者物価指数)発表を受けビットコイン(BTC)が一時上昇するも、レジスタンスライン(上値抵抗線)で阻まれ下落に転じた。
11:40
「仮想通貨保有者は超党派」米コインベースの大統領選挙関連調査
米コインベースは大統領選と仮想通貨に関する調査を発表。共和党、民主党いずれの支持者にも同程度、仮想通貨ユーザーがいるとしている。
11:00
ソラナ基盤の「DePlan」、遊休サブスクをレンタルして収益化
仮想通貨ソラナ基盤DePINプロジェクト「DePlan」が概要を発表。ユーザーは購読しているアプリの未使用部分をレンタルして収益化できる。
09:50
パクソス、米SECによるBUSDの調査が終了したことを発表
BUSDは有価証券ではないと主張してきたパクソスは、米SECの調査が終了したことを発表。BUSDについて、SECは同社を提訴しないと決断したと説明した。
08:20
Coinbase Walletの新たなウェブアプリ、仮想通貨ポートフォリオを360度でチェック可能
仮想通貨取引所大手コインベースは12日、新版のCoinbase Walletのウェブアプリをローンチした。より利便性の高いユーザー体験を提供する機能を導入している。
07:25
ソラナミーム仮想通貨BONK、840億トークン焼却(バーン)へ
ソラナ基盤の大型仮想通貨ミームコインBONKの保有者たちは12日、約840億トークンを焼却する提案を採決した。
07:00
ビットコイン、短期保有者の取引活発化か
仮想通貨取引所のビットコイン残高が増加傾向にある。CryptoQuantの幹部によれば、短期保有者の取引が活発化している可能性が高いという。
06:55
ビットコイン保有の米マイクロストラテジー、1株を10株に分割へ
仮想通貨ビットコインを最も保有する米上場企業マイクロストラテジーは11日、株式の10分割を発表した。
06:20
韓国アップビット、仮想通貨Galxe(GAL)上場
韓国大手取引所であるアップビットとビッサムは11日に銘柄の新規上場を実施した。
07/11 木曜日
14:20
バイデン大統領顧問、仮想通貨業界リーダーらとの円卓会議に参加
共和党が仮想通貨支持の姿勢を強める中、バイデン米大統領のアニータ・ダン上級顧問は、仮想通貨業界のリーダーと民主党議員が意見を交わす場として開催された円卓会議に参加した。
13:50
a16zのアンドリーセン氏、AIボット支援で800万円相当のビットコインを送付
米VC大手のa16zの創設者であるマーク・アンドリーセン氏は10日に、AIエージェント「Truth Terminal」に5万ドル分のビットコイン(800万円相当=0.866 BTC)を送金したことが判明した。
11:55
Web3ゲーム企業Immutableが日本進出、DMMグループDM2C・QAQAと提携
Web3ゲーム企業Immutableは、日本企業DM2C StudioおよびBLOCKSMITH&Co.と一連の戦略的パートナーシップを結んだ。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/07/17 09:00 ~ 18:30
東京 東京ミッドタウン八重洲
2024/07/18 ~ 2024/07/19
東京 国立新美術館
2024/07/22 18:00 ~ 21:00
東京 銀座 日東コーナー 1948
重要指標
一覧
新着指標
一覧