【随時更新】リップル訴訟に関する国内外仮想通貨取引所・ファンドのXRP対応一覧

リップル社を提訴

米証券取引委員会(SEC)が23日に、リップル社とGarlinghouse CEO、共同創設者のChris Larsen氏を証券法違反で提訴したことを受け、一部の暗号資産(仮想通貨)取引所が、XRP(リップル)の取引を見合わせるなど影響が見られた。

関連米SECのリップル社訴訟、詳細が判明

SEC側の主張は、「Ripple社は2013年から約7年間に渡り、米国の有価証券登録を行わずにXRPを販売し続け、1300億円を超える資金を調達した」というものだ。

Garlinghouse氏はこれに反論し、「SECのClayton長官は、仮想通貨業界のイノベーションをビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)に限定するつもりか。正面から異議を申し立てる。」となどと全面的に争う姿勢を示している。

XRP市場への影響や弁護士の見解については、以下の記事にまとめた。

関連リップル訴訟まとめ──仮想通貨XRPへの影響・弁護士の見解

国内取引所への影響

米SECの提訴を受け、取引所などの事業者向けに仮想通貨の取引サービス等を行なうマーケットメイカー企業が、事業者向けのXRP取引サービスを一時停止した。Galaxy Digitalとシカゴ発の高頻度取引業者Jump Tradingだ。

提訴の影響により、サービスを利用する取引所、及び市場の流動性に悪影響が出る可能性が懸念されていた。販売所形式でXRP取引を提供する際、契約するカバー先として流動性供給元(LP)の状況が変化したことによる影響は、国内取引所にも出始めている。

XRPを取り扱う国内事業者は、以下の14社。(日本暗号資産取引業協会の会員番号順)

  • 株式会社bitFlyer
  • QUOINE株式会社(Liquid by Quoine)
  • ビットバンク株式会社
  • SBI VC トレード株式会社
  • GMOコイン株式会社
  • フォビジャパン株式会社
  • 株式会社ビットポイントジャパン
  • 株式会社DMM Bitcoin
  • 株式会社Xtheta
  • コインチェック株式会社
  • 株式会社ディーカレット
  • LVC株式会社(BITMAX)
  • FXcoin株式会社
  • Payward Asia株式会社

国内取引所の対応一覧(12月24日時点)

     
取引所 対応状況

フォビジャパン

12/24

カバー先の状況により、XRPの販売所取引サービスの一時停止を発表。サービス再開したら発表する。なお、投資家間による取引所での板取引は可能。

告知

ディーカレット

12/24

価格を提供する暗号資産業者がXRPの取扱いを停止し、XRPを安定した価格で提供する事が困難なため、売買の一時停止を発表。通常の送・受金は可能で、売買再開時期は未定。

告知

GMOコイン

12/24

XRP/JPYのレバレッジ取引サービスを一部停止。また、「年末大感謝キャンペーン」の暗号資産FX「スプレッド大幅縮小」よりXRP/JPYを除外する。

告知

楽天ウォレット

12/24

安定的な価格配信を継続することが困難であると判断し、リップル(XRP)証拠金取引サービスの価格配信について、本日12/24(木)22時以降、安定的な価格配信が可能と判断できるまでの間、停止することを決定。

告知

コインチェック

12/25

XRPに関連するサービスを引き続き提供。(告知

大口OTC取引サービスについては、流動性供給元(カバー先)の状況を鑑みて、顧客資産保護のためにXRPの取引を12月26日8:00頃より一時停止。(告知

BITMAX

12/24

XRPの1回当たりの取引上限を10,000,000円から1,000,000円に引き下げ

告知

DMMビットコイン

12/24

リップル(XRP)及びその他アルトコインの取引を継続的に提供する。取引停止やレバレッジポジションの強制決済等をせざるを得ない状況となった場合は、2週間以上の事前周知期間をもって実施する。

告知

FXcoin

12/24

XRPに関するサービス(XRP/JPY,BTC/XRP,LTC/XRP,BCH/XRPの通貨ペアによる取引、およびXRPの入出庫)を継続する方針。

告知

TAOTAO

12/24

リップル(XRP)の取引を継続的に提供する。

告知

Bitbank

12/24

XRPの取引・入出金を継続的に提供する。

告知

Liquid

12/24

XRPに関連するサービスを引き続き提供する。

告知

BITPOINT

12/24

XRPに関連するサービスを引き続き提供する。

告知

海外取引所

国内取引所のほか、海外の大手取引所の対応状況も追加している。

取引所 対応状況

Bitstamp

12/26

2021年1月8日より、米国居住者に対して、XRPの取引および入金サービスを停止。

海外大手取引所の初事例

OKCoin

12/28

2021年1月4日より、米国居住者に対して、XRPの取引および入金サービスを停止。

CoinPost記事

Coinbase

12/28

2021年1月19日に全面的に取引を停止。

CoinPost記事

Crypto.com

12/29

2021年1月19日より、米国居住者を対象に、XRPの取引及び入金サービスを停止。21年前半(Q1からQ2)に予定されるSparkトークン(FLR)のエアドロップ対応は継続する方針。

CoinPost記事

Bittrex

12/30

日本時間1月16日から5つのXRP取引ペアの内4つを廃止する。取引ペアの廃止後もBittrexのXRPウォレットへのアクセスは可能。

CoinPost記事

バイナンス米国

12/31

2021年1月13日(10am EST)より、Binance.USからXRPを上場廃止。上場廃止に伴い、取引および入金が一時的に停止する。一方、XRPの出金とSparkトークン(FLR)のエアドロップ対応は継続する方針。

バイナンス米国

Uphold

1/4

XRPが有価証券というSECの主張が正式に認められるまで、またはXRPを取り扱えないぐらい取引高が減少しない限りは取引サービスを継続する。

CoinPost記事

Blockchain.com

1/6

2021年1月14日(11:59pm GMT)より、XRPの取引を一時停止する

Blockchain.com

Voyager Digital

1/7

Voyager Digital:配車サービス大手Uberの共同設立者などによって設立され、個人及び機関投資家向けに、仮想通貨ブローカーサービスを提供している企業

2021年1月18日(12:00 p.m.ET)より、XRPの取引を一時停止。取引停止後も、Voyagerの顧客はXRPのカストディおよび出金は可能。

CoinPost記事

GateHub

1/12

イギリスの仮想通貨ゲートウェイサービスGateHubは米SECの提訴で「有価証券」と正式に判断されるまで、XRPの取扱いを続ける。

出典

クラーケン

1/15

1月30日(1 a.m. UTC)より、米国でXRPの取引を一時的に停止する

CoinPost記事

ファンドの対応

取引所の対応のほか、投資ファンドの対応状況も追加していく。

企業名 対応状況

Bitwise

12/23

米主要OTC市場のOTCQXに上場している仮想通貨指数ファンドにあるXRPのポジションを清算したことを発表。

CoinPost記事

21Shares

12/28

仮想通貨投資金融商品(ETP)からXRPを除外。ファンドの組成銘柄リストからXRPが削除された。

CoinPost記事

グレースケール

1/5

ファンド指定の取引先が1月15日よりXRPの取引を一時停止するため、「Digital Large Cap Fund」からXRPを除外することを発表。

CoinPost記事

グレースケール

1/14

XRP投資信託「XRP Trust」を廃止。

CoinPost記事

マーケットメイカーの対応

ここからはマーケットメイカーの対応状況を追加する。

マーケットメイカー 対応状況

Galaxy Digital

12/24

XRPのマーケットメイキングを中止。

CoinPost記事

Jump Trading

12/24

XRPのマーケットメイキングを中止。

CoinPost記事

B2C2

12/24

米契約企業へのXRP取引サービスを24日に停止。

CoinPost記事

著者:K.Kobayashi

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します