CoinPostで今最も読まれています

仮想通貨アルトコイン強気サイクル突入へ、次の投資先を示す7大テーマ

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

強気相場の2つのフェーズ

暗号資産(仮想通貨)市場は絶えず進化を続けており、そのダイナミックな性質は特に強気相場の時に顕著に表れます。この相場では、市場の動きは2つのフェーズに分かれるとの見方が出ています。

初めはビットコイン(BTC)が市場の主導権を握り、次に新たな投資家がアルトコイン(BTC以外の仮想通貨)への注目を高める時期が訪れます。現在、市場はこの第二段階に突入しようとしています。

出典:PANTERA

この記事では、大手VCであるPantera Capitalの洞察に基づき、市場サイクルを解析。今後、市場全体のリターンを上回る「アルファ」を生み出すアルトコインがどの分野で生まれるのか、その可能性について探求します。

フェーズ1:ビットコインの独壇場

第一段階では、ビットコインが市場の王者として君臨し、多くの初心者投資家がこの確かな基盤を選ぶことで、その優位性をさらに固めます。しかし、誰もがBTCの成長を座視しているわけではありません。

投資家たちはやがて、この「暗号通貨のウサギの穴」に魅了され、新たな可能性を求めてさらに深く探求を始めます。そこでは、新しいアイデアやプロジェクトが芽生え、市場の成長が加速しています。

関連:2024年仮想通貨市場予測、アルトコインへのシフトや企業のトークン保有増加=VanEck

フェーズ2:アルトコインの興隆

第二段階では、市場の風景が劇的に変化します。投資家たちは、多様なユースケースと高い成長潜在力を持つアルトコインに注目を移し始めます。2017年から18年のICOブーム、2020年から21年のDeFi(分散型金融)とNFT(非代替性トークン)の隆盛など、新しいイノベーションがこのフェーズをけん引。アルトコインの市場シェアは増加し、その上昇率はビットコインのそれをはるかに上回る可能性を示しています。

出典:PANTERA

フェーズ2では、アルトコインがビットコインを圧倒するリターンを示すことが多く、過去のデータによると、アルトコインの時価総額は239倍、7倍の拡大を示しました。

次の注目分野はどこか?

仮想通貨市場でアルファを追求するために、強力なアルトコインを模索する投資家が少なくないようです。

しかし、無数の候補から将来光輝くアルトコインを見極めることは、容易ではありません。

また、市場の激しい変動性に注意を払う必要があります。例えば、2017年にトップ20に名を連ねていた14の銘柄は、わずか数年でその地位を新参者に奪われました。さらに、このうち13銘柄は、現在では時価総額で平均123位まで落ち込んでおり、創造破壊的な市場の現実を示しています。

出典:PANTERA

このような状況の中で、Liquid Strategiesのポートフォリオマネージャー、Cosmo Jiang氏とコンテンツ責任者のErik Lowe氏が強調するのは、単なるトレンドに飛びつくのではなく、製品市場の適合性と確かなユニットエコノミクスに支えられた実質収益を生み出すアルトコインを慎重に選択することの重要性です。

今後、ビットコインを超えるアルファを生み出すアルトコインはどの分野から現れるのでしょうか?注目されるキーワードや代表的なプロダクトを詳細に分析し、これらのトレンドから市場の次なる動きを見極め、予測することが重要です。

ビットコインL2と「DeFi Summer 2.0」

ビットコインのネットワークは、プログラマビリティ機能の追加により、新たな躍動期を迎えています。第一層(L1)ではOrdinals、第二層(L2)ではStacks(STX)やRootstockなどが登場し、ビットコインにおける「DeFi Summer 2.0」の兆しを示しています。

関連:「アルトコインシーズン」到来か、ミームコインBONKやORDI、PoW系のKAS等が記録的な上昇を遂げる

BTCの膨大な8200億ドルの時価総額に対し、「Wrapped BTC(WBTC)」の流通額はわずか約60億ドルであり、またDeFiでの流通価値(TVL)はわずか0.05%未満との見方も出ています。イーサリアムの例を見る限り、その比率が1~2%(約100~150億ドル)に上昇する可能性は十分にあります。

ビットコインは文化的認知度やミーム的価値がはるかに高いことも重要で、NFTやミームコインが生まれる土壌は整っていると言えます。

SNSのトークン化

2023年8月、friend.techは、Base L2上でトークン化されたソーシャルエクスペリエンスの新しい形式を開拓しました。ユーザーが他人のX (旧Twitter) アカウントの分割された「シェア」を売買できるようになり、ピーク時には30,000 ETH TVLに達しました(当時約5,000万ドル)。

関連:X(旧ツイッター)と連動するソーシャルFi「friend.tech(フレンドテック)」、魅力とリスクを分析

2024年にこのトレンドはさらに進化する見込み。NFTがプロフィールやソーシャルリソースとして機能し、オンチェーンで取引できるようになります。DeFiエコシステムに連携することで、LensとFarcasterはDeFiとソーシャルネットワークを統合する主要なWeb3ネイティブアプリケーションの2つとして注目されます。

Blackbirdのようなプロジェクトは、特定の業界(レストランなど)のロイヤルティプログラム向けにトークン化されたポイントシステムを普及させ、ステーブルコイン支払いとトークン化されたリベートを組み合わせて消費者エクスペリエンスを再発明し、クレジットカードに代わるオンチェーンの代替手段を機能的に提供します。

関連:ポリゴン基盤の分散型SNS大手LensがV2更新、クリエイター向け収益化機能と使い勝手改善

ステーブルコインやトークン化された現実資産(RWA)

2024年には、トークン化された現実資産(RWA)の導入が劇的に増加すると予想されています。トークン化された米国債は既に勢いを増しており、Ondoなどのプラットフォームを通じて8億ドルがトークン化されています。これらの動きは、資産の流動性を高め、市場に新たな可能性をもたらすことが期待されます。

関連:BinanceLabsが出資、Pendle Financeが実現する米国債金利のトークン化

AIやPIN(物理インフラ)などが分散型に移行

データエコノミーは根底からの再構築を迎えており、ユーザーと開発者のエクスペリエンスが大きく向上しています。オンチェーンAIシステム、分散型物理インフラストラクチャネットワーク(DePIN)、オンチェーンナレッジグラフ、完全なオンチェーンゲームやソーシャルネットワークなど、多岐に渡ります。

例えば、Solana上で分散型Googleマップを作成するHivemapperHONEY)、Bittensorによる分散型機械学習プラットフォーム、ZKML(ゼロ知識証明と機械学習の組み合わせ)とAI生成におけるModulus Labsの取り組みが注目されています。

さらに、ザ・グラフ(GRT)のNFTアートとオンチェーンナレッジグラフ、Starknet上でのオンチェーンゲームと知恵を作成するRealmsverseが市場に新たな価値を提供すると注目される。

関連:StarkNetとは|zkロールアップのレイヤー2として注目を集める理由、開発計画を解説

アプリチェーンの台頭

TVL(Total Value Locked)によるトップ10のL2のうち、3つ(dydx、Loopring、Ronin)は事実上、特定の分野に特化したアプリチェーンです。BaseBlastなどの小規模で新しいL2チェーンは、特定の「キラーアプリ」(例:friends.tech、Blur)に依存しています。

アプリチェーンツールキット(OP StackArbitrum Nitro、StarkExなど)も揃っており、これらアプリチェーンを多数ホストするハブモデルが浮かび上がっています。2024年には、Caldera、Conduit、Eclipseなどの主要なロールアップ・プロバイダー(Rollup-as-a-Service)が注目を集める見込み。

モジュラーブロックチェーンの進化

2023年を通して、Celestiaメインネットの立ち上げやEspressoのArbitrum統合、RiscZeroのオープンソースZeth Prover、SuccinctによるZKマーケットプレイスの立ち上げなど、モジュラーブロックチェーンとZKP(ゼロ知識証明)が発展しています。

モジュラーブロックチェーンは、特定の分野に焦点を当ててモジュール化しており、ZK分野の企業もコプロセッサー、プライバシーレイヤー、プルーフマーケットプレイス(証明市場)、zkDevOps(開発と運用のプライバシー保護)などの機能を提供しています。

ZKPがモジュール式ブロックチェーンスタックのさまざまなコンポーネント間のインターフェイスとなることが予想されます。例えば、ParadigmとStandard Cryptoが支援する「Axiom」はスマートコントラクト開発者がオンチェーンデータに効率的かつコスト効率の高い方法でアクセスできるように、ゼロ知識暗号化を使用する。

消費者側ではZKベースの分散型IDなどの形でアイデンティティとプライバシーを保護する手段としての利用が増加することが期待されます。

関連:モジュラー(連結式)ブロックチェーンの次のトレンドは?

銘柄別、仮想通貨取扱い状況はこちらをチェック

仮想通貨初心者向け特集

イチから学ぶ仮想通貨投資、ビットコインの買い方まで徹底解説投資初心者向け講座|仮想通貨ビットコインの「トレンド転換点」の見極め方
人気銘柄別、日本国内の仮想通貨取引所、おすすめ5選抑えておきたいテクニカル分析「ダウ理論・6原則」を初心者向けに解説
CoinPostアプリで優位性をどれを買えばいい?仮想通貨(ビットコイン、アルトコイン)銘柄の選び方
CoinPost App DL
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
04/24 水曜日
15:09
WebX2024、最大73%割引の「開幕セール」終了まで残り1週間
株式会社CoinPostが主催する日本最大のWeb3カンファレンス「WebX2024」にて、チケット販売を開始しております。2024年4月30日まで、最大73%割引のお得な開幕セールを実施中です。
14:35
米ブロックチェーン協会ら、仮想通貨業界の声をまとめSECを提訴
米ブロックチェーン協会とテキサス州暗号資産自由同盟は、米証券取引委員会が新たに制定したディーラー規則の阻止を求めて、SECを提訴した。
13:00
香港の現物ビットコインETF 4月30日にも発売かー報道
香港でボセラとハッシュキーキャピタルが提供するビットコインETFが取引を開始すると報じられた。2社の現物ビットコインETFは、価格安定性が高く、投資家に直接的な市場価格連動のメリットを提供する。
12:09
半値戻しのビットコイン、投資家心理改善で買い先行
暗号資産(仮想通貨)市場ではビットコインが66000ドル台まで反発し、50MA手前で一服した。イランとイスラエルを巡る中東リスク後退で米国株式市場でも買い戻しが先行しており、投資家心理が改善した。
12:00
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」、70日連続流入を記録
ブラックロックのビットコイン現物ETF「IBIT」が70日連続で資金流入を記録した。運用資産は約2.8兆円に達している。
11:00
リップル社、SECによる20億ドルの罰金提案を過大と反論
リップル社は、XRPをめぐるSECとの裁判で新たな書類を提出。リップル社に対して約3,100億円の罰金支払いを求めるSECの主張に反論した。
09:40
「BTC価格上昇は半減期から50〜100日後」QCP Capital
仮想通貨ビットコインの今後の価格が急上昇するのは半減期から50〜100日後であるとQCP Capitalが分析。また、Bitfinexも半減期後の相場レポートを公開した。
08:45
ソラナJupiter、DEXモバイルアプリ5月公開予定
既存のUltimateウォレットは5月22日から利用できなくなるため、その前に仮想通貨の一時的移転(PhantomやMagic Edenウォレット)を推奨した。
08:10
米国のイーサリアムETF上場申請、5月承認は見込み薄か
申請中の仮想通貨イーサリアム現物ETFの多くは5月に最終判断を迎える予定だが、多くのアナリストは承認の確率が低いと予測。背景には、イーサリアム財団への任意捜査で米SECがETHを有価証券に分類しようとしている点や、ビットコイン現物ETFが承認されてからまだそれほど時間が経っていない状況などがある。
07:10
ビットコインの機能を拡充する新提案が公開
仮想通貨ビットコインのブロックチェーン上でスマートコントラクトなどを実現する開発提案がBIP-420として公開。以前から関心を集めている提案の内容が改めて説明された。
06:35
バイナンスアプリの削除、フィリピン当局がアップルとグーグルに命令
フィリピンはバイナンスの顧客基盤における重要な構成国だが、同SECは2023年11月以降、バイナンスを投資に利用しないよう国民に積極的に警告していた。
05:50
エルサルバドルの国営ビットコインウォレット、ハッカーがコードを流出
今回の漏洩は、4月上旬に報告された510万人のサルバドル人の個人情報リークを含む、一連のChivoウォレット関連のハッキングに続くものだ。
04/23 火曜日
19:00
メゾンマルジェラ MetaTABI NFT発売
メゾンマルジェラがMetaTABI NFTを一般販売開始。デジタル専用設計のタビシューズはThe Fabricantとのコラボで、限定版タビブーツとレザーウォレットが付属。今後のWeb3ブランドイベントにも参加可能。
18:00
ライフカードVプリカ 仮想通貨で購入可能に
ライフカードが暗号資産(仮想通貨)決済サービス事業者Slash Fintechと提携。2024年5月15日から「Slash Vプリカ SHOP」でステーブルコイン等を使ったVプリカギフトの販売を開始する。インターネットショッピングやオンラインゲーム等、デジタルサービスでのプリペイド決済が拡大する見込み。
14:00
ベネズエラ、石油取引で仮想通貨使用を加速か
ベネズエラの国営石油会社PDVSAは原油と燃料の輸出において、暗号資産(仮想通貨)の利用を増やす計画だ。背景には米国による制裁再発動がある。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア
イベント情報
一覧
2024/04/24 11:30 ~ 13:30
その他 オンライン
2024/04/25 ~ 2024/04/26
東京 国立新美術館
2024/04/27 10:30 ~ 20:00
東京 東京都渋谷区
重要指標
一覧
新着指標
一覧