CoinPostで今最も読まれています

リップル(Ripple)ニュースまとめ : 価格変動に関する最新情報を随時更新

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用

リップル(Ripple)に関するニュースまとめ
最新ニュース・参加表明を発した企業についてまとめたページです。新情報をキャッチ次第更新していきます。

リップル(Ripple)ニュース一覧

日付 ニュース内容
2017/12/8 リップル社が550億XRPのロックアップ完了を公式発表、価格も大幅に上昇を記録
2017/11/17 リップル社、American Express(通称アメックス)、Santanderと提携
2017/11/10 リップル東京ミートアップ開催
2017/11/7 リップル(XRP)はアメリカメキシコ間の国際送金を2018年初旬に目指す
2017/10/27 SBIとSBI Ripple Asiaが主導する内外為替一元化コンソーシアムにおいて外国為替商用利用が2017年度内に行われる予定、内外為替一元化コンソーシアムには三井住友銀行やゆうちょ銀行等のメガバンクも参加済
2017/10/13 Ripple社がR3との裁判に勝訴と発表、しかしR3側はこのリップルCEOの勝訴したという発表は誤解を招くものであり、裁判を行なった裁判所の管轄外であっただけであり、決着はついていない、と語っている
2017/10/13 Rippleはネットワークの取引量拡大とXRPの有用性向上のために、3億ドルのRippleNet拡大促進プログラムを設立
2017/10/11 RippleNetへの参加金融機関が100社を突破、更にはCuallix社によって、XRPをブリッジ通貨として活用した実送金が成功
2017/10/1 リップルは2018年12月までに1ドルまで高騰すると専門家が予想
2017/9/8 リップル社がインドのムンバイに新しい事務所を開設
2017/9/1 ソフトバンクと凸版印刷、SBI FinTech Incubationに資本参加
2017/9/1 三菱UFJ銀はリップルが持つ技術を活用した新しい海外送金を18年初から始める方針
2017/8/31 退職金ファンド(Bitcoin IRA’s)投資運用対策銘柄にリップルが選ばれる
2017/8/31 BitGoと開発していたエンタープライズ向けウォレット公開
2017/8/25 カウントダウンの発表は2017年10月16日から18日にかけての3日間のカンファレンス告知
2017/8/24 リップルの発表は“連邦準備銀行関連(FRB)”説の可能性が高いとされる
2017/8/24 リップル公式Twitterのカウントダウンが1に進み、日本語でもツイートされる
2017/8/23 リップル公式Twitterのカウントダウンが2に進み、約二ヶ月ぶりに価格が30円台に回復
2017/8/22 リップル公式Twitterで謎のカウントダウンが開始される
2017/8/16 リップル社、中国市場への事業展開を発表
2017/8/14 リップルウォレットがApp Storeに登場、iOSに対応
2017/7/27 SBIバーチャルカレンシーズ取引所オープン間近と発表
2017/7/21 米連邦準備銀行(FRB)タスクフォース:リップルは国際送金のスピードと透明性を向上すると発表
2017/7/12 イングランド銀行のリップル実証試験結果が発表される
2017/7/11 リップル(Ripple)の新送金システム連合、ゆうちょ銀と三井住友銀も参加
2017/6/29 SBIホールディングスの経営報告においてリップルが触れられる、SBIの取引所開設も予定
2017/5/18 リップル(Ripple)を取り扱う取引所が新たに6つ増加すると発表
2017/4/24 スペイン第2位の銀行BBVAが、リップル(Ripple)を使った送金に成功したと発表
2017/3/30 SBI、Ripple社との技術提携を発表
2017/2/1 190億ドル超の送金額であるアラブのアブダビ国立銀行が、すべての国際送金にリップルを利用すると発表
リップル コインチェック 画像

リップル(Ripple)について

ripple(リップル)は、全ての通貨と換金可能となるブリッジ通貨を目的としています。外貨準備がリップルだけで済むことによる手数料の安価化に貢献します。

現在の送金システムでは、外国為替、為替ヘッジなど、銀行の送金には多くの手間と時間がかかりました。

そこで、リップルを導入すると、外貨準備としてプールしておく通貨が「XRP」(システム内で移動する価値単位としての仮想通貨が「XRP」(リップルともいう)です。)のみとなり、為替ヘッジなどの費用を抑え安く済ますことができ、送金も素早く行うことを可能にします。

2016年にみずほ銀行、りそな銀行などメガバンクを含む邦銀42行と海外の大手金融機関が続々と採用を表明していることからリップルが、送金システムとして秀逸であることが伺えます。

リップルについて詳しくはこちら↓

リップル大型カンファレンスSWELLについて

SWELLは日本時間で17日の午前1時30分より開催中です。リップルのSWELLまでの意気込みとSWELLの3日間の予定一覧はこちら↓

リップルはSWELLに本気!その理由と3日間の予定を解説
SWELL直前、リップルの直近の動向や3日間のSWELLの内容等をまとめた特集記事です。SWELL1日目ではRipple社が「デジタル資産による決済について」を発表しました。

2017年10月17日更新:SWELL1日目

SWELL1日目ではリップルがビルゲイツ財団と提携という発表がされました。

銀行口座を持てない貧しい人々でも決済可能にするプラットフォームを構築し、そのためのオープンソースソフトウェアとして「Mojaloop」も発表されました。

【SWELL1日目】リップルがビルゲイツ財団と提携!Mojaloopについて解説
リップル(Ripple)大型カンファレンスSWELLの1日目では、ビル&メリンダ・ゲイツ財団との提携が発表されました。貧困層のための決済プラットフォームの構築を目的としていて、そのための「Mojaloop」というオープンソースソフトウェアも発表されました。

2017年10月18日更新:SWELL2日目

SWELL2日目ではSWIFT最高責任者とリップルCTOの発言の応酬、イーサリアム創業者のヴィタリック氏の発言が話題となりました。

【SWELL2日目】リップル、ブロックチェーンの将来とは?SWELL最終日に大きな秘密がある?
SWELL2日目の内容や、仮想通貨関連の有名人達の発言、3日目の予定と内容を考察し、まとめました。SWIFT最高責任者、リップルCTOの発言の応酬、イーサリアム創業者のヴィタリック氏の質疑応答等が話題になりました。

2017年10月19日更新:SWELL最終日

3日目の演説は、9年前リーマンショックの二日後にSWIFTが開催した国際会議Sibosにて、最終日の閉幕式を行なった人物 Don Tapscott(ドン・タプスコット)氏が行いました。

また、3日間で発表された内容とSWELLに参加した仮想通貨界隈の著名人達の発言をまとめました。

【SWELL最終日&まとめ】ブロックチェーン革命:リップル社が歩む未来とは
リップルの大型カンファレンスSWELLの最終日と、3日間の中で発表された内容のまとめ記事です。SWELLに参加した仮想通貨界隈の著名人達の発言と、同日開催されたSWIFT主催のSibos国際会議の内容についても解説します。

2017年8月25日更新:カウントダウン0、開発中の「SWELL」に関するカンファレンスの日程を告知

謎のカウントダウンの正体は、現在Ripple社が大御所人材を招聘して開発中のアプリケーション「SWELL」に関するカンファレンスの日程告知でした。 詳細はこちらからご覧いただけます。

2017年8月22日更新:リップル公式Twitterカウントダウンについて

2017年8月22日、突如としてリップルの公式ツイッター上で、今話題となっている謎に包まれるカウントダウンが発表されました。

リップルは好材料のニュースが出ても中々価格が上昇しませんでしたが、このカウントダウン発表には多くの期待が集まり、価格が上昇しました。

カウントダウン前の価格は約17円でしたが、カウントダウン後には約二ヶ月ぶりに30円台に回復しました。

おすすめ取扱取引所

取引所 解説

coincheck

2017年3月より、ビットコインの現物取引高はbitFlyerを抑えて取引量No.1。主要なアルトコインの販売も行っているが、アルトコインの取引は出来ない点に注意。
Poloniex

Poloniex

世界最大級の仮想通貨取引所。60種類以上のアルトコインの取扱いがある。 国内に在住しながらアルトコインの取引を行いたいのであれば、口座開設しておきたい取引所。
BITTREX

BITTREX

取扱いアルトコインはPoloniexを超える190種類以上。ICOを迎え上場した新しいアルトコインや、無名のアルトコインなどを積極的に取扱う。

おすすめウォレット

gate hub
web
gatehub公式サイト
gate hubは現状一番信用できるリップルコインウォレットになります。特徴はオンライン上にて現在の自分の資産状況をライブで把握することができることです。これによって自分でチャートを分析する必要がないため、多くの時間を割くことができるという特徴があります。セキュリティ面でもしっかりしているので安心して取引ができます。
Toast Wallet
iOS,Android,Windows,Linux, Mac OSX,Web
Toast Wallet公式サイト
iOSやアンドロイドで簡単に使うことが出来るリップル専用ウォレットです。アプリの評価が高く、英語が分からない方でも操作しやすいです。ただ、2段階認証には対応していません。
リップル コインチェック 画像
注目・速報 相場分析 動画解説 新着一覧
03/01 金曜日
17:00
ソラナで進化するDePIN、2024年注目のプロジェクトを深掘り
2024年、Solana(ソラナ)主導のDePIN展開とその注目プロジェクトを深堀り。この記事では、分散型物理インフラネットワーク(DePIN)の基礎から、ソラナベースの画期的プロジェクトまで詳しく解説します。DePINの未来を形作る主要な動向とイノベーションに焦点を当て、この技術革新が開く新しい機会を紹介します。
16:50
米国政府関連ウォレット、1380億円相当の15,000BTCを送金
仮想通貨ビットコインの高騰が続く中、米国政府に関連するウォレットから、1,380億円相当のビットコインが送金されたことが明らかになった。米国政府はこれまでの仮想通貨犯罪捜査で押収した大量のビットコインを保有している。
12:17
米マイニング企業マラソンデジタル、2023年は過去最高益に
米ナスダック上場のビットコインマイニング企業マラソンは2023年に過去最高の収益を上げたと報告した。半減期を事業拡大のチャンスと捉えている。
12:13
ビットコインETFの純流入は過去最高の6.7億ドル、ミームコインの循環物色も
暗号資産(仮想通貨)市場では先月28日、ビットコインETFへの純流入が過去最高を記録した。アルト相場ではソラナ(SOL)基盤のbonkやドージコイン(DOGE)などミームコインの循環物色も進んでいる。
11:30
イーサリアムL2「Blast」、メインネットローンチで数十億ドル出金可能に
Blastはメインネットまで入金された資金がこれまで出金できず、メインネット後は14日かかる。通常のL2より資産がロックされる期間が長いと指摘されている。
10:50
米ロビンフッド、ソラナミームコイン「WIF」新規取り扱い
米Robinhoodは新たにソラナのミーム仮想通貨「Dogwifhat(WIF)」の新規取扱を実施した。ビットコインの上昇に伴いミームコインの時価総額は大幅に増加している。
10:20
「ビットコインに短期的な上昇スパイラルの可能性」ブルームバーグアナリストが指摘
ブルームバーグのアナリストは現物ETFの影響により短期的に仮想通貨ビットコインの上昇スパイラルが起こる可能性があると述べた。
08:15
ビットコイン現物ETFに追い風、Wells Fargoとメリルが提供開始
米メガバンクのWells Fargoおよびバンカメのメリルは資産運用のクライアントに、仮想通貨ビットコインETFへのアクセスを提供開始。28日に10銘柄全体で76億ドルの合計出来高を記録し、取引初日に記録した45億ドルを塗り替えた。
07:45
JPモルガン「BTCは半減期後に4万2000ドルまで下がりうる」
仮想通貨ビットコインは半減期後に4万2000ドルまで下がる可能性があるとJPモルガンのアナリストが分析。分析の根拠やマイニング業界の展望について説明している。
07:00
エイベックス松浦会長、ビットコイン100ヶ月積立の評価額が9億円超に
エイベックスの松浦勝人CEOがXの投稿で、自身のビットコイン資産額を明かし、積立投資の重要性を説いた。
06:10
Wormholeの「W」トークン、Bybitに先行上場(プレマーケット)
WormholeはまだWトークンを正式にリリースしていないが、近いうちに発表される可能性があるとされている。PythのX投稿やMad LadsのNFTバッジなどで示唆されている状況だ。
05:40
ミームコイン時価総額大幅増、DogeやBonkがけん引
Dogecoin(前日比+13%)やShiba Inu(+18.5%)、Bonk(+59.5%)が仮想通貨ミームコインセクターを牽引。ビットコインの60000万台復帰でリスクオン志向を強めている。
02/29 木曜日
16:41
名作IPがNFTゲームに|Eternal Crypt – Wizardry BC –(エクウィズ)の魅力に迫る
不朽の名作「Wizardry」がNFTゲームに。ブロックチェーンゲームに関心がある方や「Wizardryシリーズ」が好きな方に向けて、「Eternal Crypt – Wizardry BC –」の全体像や遊び方、収益化の方法まで詳しく解説します。
14:25
日本が仮想通貨決済の世界的リーダーになる可能性、英金融メディアが評価
英金融メディアFinanceFeedsは、規制に準拠した世界的な仮想通貨決済のリーダーとして、日本の可能性に注目していると述べた。
13:50
ソラナ仮想通貨取引所「Backpack」25億円調達 FTX破綻の影響乗り越え
ソラナの主要ウォレットおよび仮想通貨取引所である「Backpack」は新たに1,700万ドルを調達。約二年間の「ソラナの冬」を乗り越えてきた。

通貨データ

グローバル情報
一覧
プロジェクト
アナウンス
上場/ペア