人気銘柄別、日本国内の仮想通貨取引所おすすめランキング

仮想通貨取引所は、一見同じようなサービスに見えても、実はその内容はかなり異なります。数ある取引所の中からどれをどのような基準で選んだらよいかわからない方も多いのはないでしょうか?

本稿ではまず、数ある仮想通貨の中からどういった基準で投資対象とする銘柄を選ぶべきかについて解説します(購入したい銘柄が決まっている場合は目次の3からご覧ください)。

次に、国内銘柄の中でも特に人気の高いビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)XRP(リップル)シンボル(XYM)について、基本概要を解説。各銘柄の特徴などについて理解を深めていただいたうえで、それぞれの銘柄を購入するのにおすすめの取引所を、その理由と共にランキング形式で紹介します。

また、最後に「取扱通貨数・操作性・信頼性・手数料・流動性」の5つの項目をチャート形式で比較した総合ランキングも掲載しているので、それぞれ吟味したうえで口座開設してみてはいかがでしょうか。

目次
  1. 仮想通貨を選ぶ際の3つの基準
  2. 国内取り扱い銘柄一覧
  3. 人気通貨の特徴とおすすめ取引所ランキング
  4. 国内取引所の総合ランキング
  5. まとめ
人気急上昇

GMOコイン

東証一部GMOグループの安心感、アルトコインのレバレッジ取引が充実

1.仮想通貨を選ぶ際の3つの基準

仮想通貨を購入する際に留意すべき点について、3つの観点で解説します。

1-1 信頼性

2017年はの仮想通貨バブルでは、ICO(イニシャル・コイン・オファリング、新規仮想通貨公開)での資金調達の流行に乗じて詐欺まがいのプロジェクトが多発し大きな問題となりました。

こうした詐欺目的で発行されたコインを購入することを避けるには、金融庁に認可された仮想通貨取引所で仮想通貨を購入することが重要です。日本国内の仮想通貨取引所では、金融庁認可の自主規制団体「JVCEA(日本暗号資産取引業協会)」が認めた「ホワイトリスト」の銘柄しか取り扱いができません。

国内取引所に上場している銘柄は、海外と比較しても大変厳しい基準で審査されており、信頼性は高いと言えます。以下の取り扱い通貨の表に、国内取引所に上場している銘柄を記載しました。

1-2 流動性

流動性とは、一定時間内でどれほどの量の通貨が市場で取引されているかを表す指標のことです。

流動性が高い銘柄ほど約定(取引成立)しやすくなり、流動性が低い銘柄だと価格変動がおおきくなり、希望した価格で売買することは難しくなります。

流動性は、取り扱いのある取引所の規模やコインの時価総額と比例しています。時価総額の高いビットコインやイーサリアムなどの通貨は流動性も高くなる一方で、いわゆる草コインと呼ばれる通貨は、時価総額も流動性も低く価格変動(ボラティリティ)が激しく安定しにくいといえます。

1-3 上場先

仮想通貨取引所によって、取り扱っている銘柄は大きく異なります。

購入しようと思っている仮想通貨が複数の取引所で取り扱われている場合、開示されている運営企業の規模やセキュリティ対策、利用ユーザー数(口座開設数)の多さや口コミの評判など、複数の観点で選ぶと良いでしょう。

それぞれの仮想通貨取引所の特徴については、後述していますのでチェックしてみてください。

関連:人気銘柄別、日本国内の仮想通貨取引所おすすめランキング

2.国内取扱い通貨一覧(21年10月18日時点)

交換業者/通貨 BTC

ETH

XRP

LTC

BCH

XLM

XEM

XYM

XTZ

BAT

IOST

ENJ

MONA

QTUM

LSK

TRON

ADA

OMG

DOT

PLT

ONT

ATOM

LINK

コインチェック
bitFlyer ○●
bitbank
SBIVCトレード
GMOコイン ○● ○● ○● ○● ○● ○● ○● ○● ○● ○●
フォビジャパン ○●
BITPoint ○●
DMM Bitcoin ○● ○● ○● ○● ○● ○●
TAOTAO ○● ○● ○●
楽天ウォレット ○● ○● ○●
ディーカレット
Zaif
Liquid by Quoine ○● ○● ○●
OKCoin Japan
FXcoin
※現物取り扱い=○、レバレッジ対応=●

3.人気通貨の特徴とおすすめ取引所ランキング

ビットコイン、イーサリアム、XRP、シンボルがそれぞれどのような特徴を持ち、どのような背景のもと生まれたのかを解説。その後、それぞれの通貨を購入するのに最適な取引所を紹介します。

ビットコインは、世界で初めて発明された仮想通貨。「サトシ・ナカモト」を名乗る正体不明の人物あるいは団体が自身のアイデアをまとめた論文をインターネット上で公表したことから開発が始まりました。

中央銀行のような発行主体の存在しない中央集権型システムをブロックチェーン技術により実現しています。

ビットコインは仮想通貨の中でも不動の地位を気付いており、他のほとんどのアルトコインはビットコインの価格変動の影響を受けます。そのため、仮想通貨を保有するのであればビットコインの技術や成り立ちについては知っておいた方がよいでしょう。

時価総額は約114兆円で、全銘柄のなかでトップです。

関連:仮想通貨ビットコインとは|初心者でもわかる注目ポイントと将来性を解説

イーサリアムは、ロシア出身のヴィタリック・ブテリン氏がビットコインの技術を応用して考案した仮想通貨です。

イーサリアムの特徴は、dApps(分散型アプリケーション)を構築するためのブロックチェーンプラットフォームであること。このプラットフォーム上に、dAppsの構築と「ERC-20」と呼ばれる独自トークンの発行を行うことができます。

また、契約を自動執行する機能である「スマートコントラクト」が実装されており、ある条件を満たすとプログラムが走って自動的に契約が実行されます。

2020年夏に急激に需要が増加したDeFi(分散型金融)や2021年に入り市場が過熱気味にあるNFT(非代替性トークン)の多くがイーサリアム上に構築・発行されています。

関連:仮想通貨イーサリアムとは|初心者でもわかる注目ポイントと将来性を解説

米Ripple社が開発したXRPは、「RippleNet」という国際送金プラットフォームで活用されている仮想通貨です。

国際送金のスピードに優れており、一般的な銀行を利用すると数日をかかり高額な手数料が発生します。しかし、XRPを利用すれば数秒で国際送金が完了し、手数料も少額で済みます。

ビットコインやイーサリアムと異なるのは、前者がパブリックチェーン(誰もがネットワークに参加できるブロックチェーン)であるのに対し、XRPはプライベートチェーン(ネットワークへの参加に承認が必要なブロックチェーン)であるという点です。

トランザクションの承認は、リップル社によって信頼できると見なされた「バリデーター」と呼ばれる参加者たちによって行われるため、誰でもネットワークに参加できるわけではありません。この点が中央集権的であるとの指摘もあります。

関連:なぜ、仮想通貨XRP(リップル)に関心が集まるのか|今後の将来性と重要プロジェクト

シンボルは、仮想通貨ネムの大型アップデートで、「次世代ブロックチェーン」とも呼ばれています。

ネムが開発者のサンドボックス(外部に大きな影響を与えずに実験を行える環境)として開発されたのに対し、シンボルはエンタープライズ(企業や公的機関)のハイブリッドシステム向けに開発されたブロックチェーンであり、ネムと比較するとセキュリティや処理能力、柔軟性などの点で改善されています。

ハイブリッドシステムとは、パブリックチェーンおよびプライベートチェーンの両方の機能を提供することを意味しています。前者では分散型ネットワークとして単一組織に依存することなく、価値交換が行えるエコシステムを構築できます。後者では、プライバシー、規制遵守、カスタマイズ機能、および効率性に特化したプライベートなエコシステムを構築することができます。

Symbol自体が、パブリックチェーンおよびプライベートチェーン間での互換性があるため、他のブロックチェーンとの相互運用も可能です。ネム、イーサリアムおよびビットコイン基盤のネットワークとも連携可能です。

ユースケースとしては、商品の真正性を保証し追跡記録を残すこと、(将来的な)CBDCおよびフィンテック企業での活用、IoT(モノのインターネット)デバイスとの連携などが挙げられます。

関連:仮想通貨シンボル(XYM)とは|初心者でもわかる重要ポイントと将来性

4.国内取引所の総合ランキング

本項では、資本金、使いやすさ、通貨の扱いを基に作成した国内取引所のランキング表とレーダーチャートを紹介します。評価基準は、「取り扱い通貨数」、「使いやすさ」、「信頼性」、「手数料」、「流動性」の計5つでそれぞれ5点満点です。

また、下記の項目に各取引所の特長と口コミ情報を含んでいます。ぜひ参考にしてみてください。

1位コインチェック
UI・UXの使いやすさ
国内最多の銘柄数
充実した初心者支援
評価4.6
主なサービス
積み立て/貸仮想通貨/ステーキング/Coincheckでんき/Coincheckガス/Coincheck NFT(β版)/IEO(Initial Exchange Offering)
販売所
取引所
レバレッジ取引
スマホ対応
使いやすいスマホアプリを利用し、パソコンがなくても投資を始められます
セキュリティ
マネックスグループのノウハウを生かし、金融庁の認可を取得しています。

始めやすい老舗という安心感

コインチェックは、2012年に創業されてから仮想通貨業界をけん引してきた金融庁認可の仮想通貨交換業者。東証一部上場のマネックスグループの傘下であり、そのノウハウを生かした安定した経営基盤とセキュリティなどに定評があります。操作性の高いアプリに加え、取り扱い銘柄は全17種類と国内最多であり、仮想通貨取引を始めるのに相応しい取引所として高い人気を誇っています。

関連サービスも充実しており、積み立て、貸仮想通貨、ステーキングのほか、他の取引所が取り扱っていない電気&ガスの支払いサービスも提供。また、他の取引所に先行してローンチしたNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT」では、主にブロックチェーンゲーム3タイトルで使用可能なNFTを売買可能です。2021年7月には、国内初となるIEOを実施。「パレットトークン」の限定販売・抽選受付を行いました。

2位bitFlyer
ビットコイン取引高、国内取引所ナンバーワン
ハッキング被害は今まで一度もない
日本円出金が速い
評価4.2
主なサービス
積み立て/ステーキング/ふるさと納税/「ビットコインをもらえる」/Braveとの連携でBATがもらえる
販売所
取引所
レバレッジ取引
スマホ対応
Lightning FX などのレバレッジ取引もスマホで行えます。
セキュリティ
今までハッキングされたことなく、信頼は厚い取引所です。

最大手の便利さ

bitFlyerは国内市場で最多のユーザー数を誇り、2021年3月には総預かり資産5,732億円を超え過去最大記録を樹立。非常に高い水準の流動性による約定しやすい安定した取引環境を強みとしています。また、強固なセキュリティにも定評があり、過去に一度もハッキング被害にあっておらず、安心して利用できる取引所であると言えます。

さらに、ステーキングサービスや、ふるさと納税でビットコインがもらえるサービス、bitFlyer経由で各種サービスを利用することによりビットコインがもらえるサービスなど、お得なサービスを複数提供しています。

3位GMOコイン
現物・レバレッジ取引両方で豊富な取引ペア
積み立て購入・貸し暗号資産サービスも
取引環境の自由度の高さ
評価4.2
主なサービス
積み立て/貸仮想通貨/ステーキング
販売所
取引所
レバレッジ取引
スマホ対応
『暗号資産ウォレット』というアプリを提供しています。
セキュリティ
証券取引なども取り扱うGMOグループのセキュリティは銀行などにも劣りません。

金融ノウハウに裏打ちされた信頼

GMOグループは暗号資産事業以外にも、オンライン証券やネット銀行、FX事業と幅広い金融サービスを提供しているため、金融やITに関するノウハウはいたるところに感じられるでしょう。取引所単体で見ても、手数料は安く14種類という屈指の取扱い銘柄数を誇るため、初心者にとって利用しやすい取引所と言えます。

国内取引所で唯一COSMOS(ATOM)を取り扱っているのも魅力の一つです。スマホアプリは非常に使い勝手がよく、1つのアプリに機能が統合されており、現物取引(販売所・板取引)、暗号資産FXをひとつのアプリから操作可能です。関連サービスも積み立て、貸仮想通貨、ステーキング、NFTマーケットプレイスと充実しています。

4位bitbank
豊富なアルトコイン取引所
取引所/販売所のスプレッドが狭い
メイカー手数料がマイナス
評価4.2
主なサービス
貸仮想通貨
販売所
取引所
レバレッジ取引
スマホ対応
PCなしでも、スマホ一つですべて完結させることができます。
セキュリティ
金融庁の認可を取得し、セキュリティ対策も充実しています。

スプレッドの狭さとアルトコインの取り揃えが売りの国内取引所

bitbank(ビットバンク)は、2014年から暗号資産事業を運営している比較的古参の取引所です。現在はアルトコインを豊富に扱っており、各種手数料やスプレッドなど必要コストが低いため、初心者でも参画しやすいでしょう。また、板取引の取り扱い銘柄数が充実しているため、お得に取引したい中・上級者にとっても重宝する取引所であると言えます。

2021年9月には東証1部上場ミクシィとの資本業務提携を発表。ミクシィ社とセレス社の「持ち分法適用関連会社」となり、「IEO(Initial Exchange Offering)、ステーキング、カストディ、L2(レイヤー2)決済」など新規事業の創出に意欲を指名していることから、今後、関連サービスの充実していくことも期待できます。

5位楽天ウォレット
楽天のサービスとの連携
様々な注文方法が可能
建玉管理料が無料
評価4.0
主なサービス
楽天ポイントを仮想通貨に交換/楽天キャッシュにチャージ
販売所
取引所
レバレッジ取引
スマホ対応
楽天ウォレットアプリですべて管理できます
セキュリティ
本人確認なども楽天銀行と共有でき、利用者なら簡単に始められます。

楽天のエコシステムとのシナジー

楽天ポイントと仮想通貨を交換できる「ポイント交換」が最大の魅力であり、楽天市場でのお買い物や楽天の他事業サービスで貯めた楽天ポイントを利用すれば、日本円を使わずに仮想通貨取引が可能。業界最狭水準のスプレッドもトレーダーから人気です。

6位ディーカレット
大手銀行などの出資
電子マネーへのチャージ
安定した資本金
評価3.6
主なサービス
積み立て/仮想通貨で電子マネーチャージ
販売所
取引所
レバレッジ取引
スマホ対応
iOS,Androidともにアプリがリリースされています
セキュリティ
パートナー企業のセキュリティとともに安心できます

大型パートナーを持つ、安定した取引所

IIJの関連企業が運営するディーカレットは、多量の資本金もあり今後有望な選択肢となる可能性があります。ディーカレットは販売所を軸にサービスを展開していましたが、21年4月より取引所を実装。主要通貨を取引できるのはもちろん、セキュリティ対策にも力を注いでおり初心者でも安心して取引できるでしょう。また、「電子マネーチャージ」サービスを利用することで、保有する仮想通貨を対象の電子マネーに換金も可能です。

7位Huobi Japan
グローバル展開で世界的な知名度
強固なセキュリティ
取り扱い暗号資産は11銘柄・26銘柄ペア
評価3.4
主なサービス
販売所
取引所
レバレッジ取引
スマホ対応
スマホでも利用しやすいインターフェースで初心者でも始めやすい。Windows、Mac、スマートフォン(iOS、Android)すべてのデバイスで利用可能。
セキュリティ
世界最高水準のセキュリティ※2019年9月ICO Rating社調べ

世界規模の取引所

Huboiは、日本国内でライセンスを取得している数少ない海外取引所の1つ。中国に拠点をおき世界170国以上へ展開、ユーザー数は数千万人を超えており、仮想通貨取引の流動性はかなり高いでしょう。

取り扱い暗号資産は11銘柄・26銘柄ペアを上場しており、国内では2つの取引所でしか上場していないオントロジー(ONT)を取扱っていることも投資家にとって魅力的であると言えます。また、最低額は2円と、非常に小額から取引可能であることも安心して利用できる要因となっています。

5.まとめ

仮想通貨取引所を選ぶ基準は、通貨銘柄数、手数料、使いやすさ、流動性など人によって様々です。短期トレードをするのか、または長期運用をするのかによっても、おすすめな取引所は変わります。

まずは、自分がどのような取引をする予定なのか、どのような戦略で運用するのか考えるのも良いでしょう。また、本記事を参考に各取引所の特徴を掴み、自分に合った取引所を探してみましょう。

24時間上昇率ランキング(国内)
24時間下落率ランキング(国内)
1週間上昇率ランキング(国内)
1週間下落率ランキング(国内)
時価総額ランキング(国内)

画像はShutterstockのライセンス許諾により使用
「仮想通貨」とは「暗号資産」のことを指します